明日20歳になる福士蒼汰に「おめでとう!」のサプライズ

写真拡大

俳優の福士蒼汰が5月30日に20歳の誕生日を迎えるに際し、7月にスタートする「スターマン・この星の恋」で福士と共演する広末涼子らキャスト&スタッフが、27日に一足早く新たな門出を祝った。ドラマのタイトルにちなみ、横浜DeNAベイスターズのマスコット “DB.スターマン”も駆けつける演出に、福士は驚きながらもとびきりの笑顔をみせた。

大人の仲間入りを果たす福士を祝おうと、スタッフが約半月前から計画。この日の撮影は早めに終了し、サプライズの準備が進められた。撮影で使用している店舗内でセレモニーを行う予定だったが、DB.スターマンが大きすぎて入り口を通れないというハプニングが発生し、急きょ会場が屋外に変更された。

撮影終了後に「移動の車が遅れている」と言われた福士は、部屋で待っている間に寝てしまったようで、会場に案内されても状況が飲み込めない様子。そこへ助監督の「誕生日おめでとうございます!!」の合図で、広末をはじめとした共演者たちが現れ、「ハッピーバースデー」の歌を合唱。さらに、花束を持ったDB.スターマンがテントから登場した。

サプライズの誕生日祝いに、福士は「すごい、すごい」を連呼。DB.スターマンの鼻をつんつんと触り、花束を受け取ると満面の笑みを浮かべた。そして、チョコレートでできた地球のオブジェとクレープを星型にかたどった番組特製のケーキが運ばれ、福士がろうそくの火を吹き消すと、大きな拍手が起こった。広末は「おめでとうございます! いい年にしてください」と祝福。福士は、「こんな風に現場でお祝いしてもらえて、うれしいです! 本当にありがたいです」と照れ笑いを浮かべた。

「スターマン・この星の恋」は、岡田惠和が脚本を担当し、堤幸彦が演出を手がける。17年ぶりに連ドラ主演を務める広末が、夫に逃げられ3人の息子を育てるシングルマザーの佐和子役、福士は佐和子が一目ぼれする謎の青年・星男役を演じる。関西テレビ・フジテレビ系全国ネットで毎週火曜午後10時から放送。第1回放送日は7月9日。

■関連記事
広末涼子が17年ぶり連ドラ主演 夫に逃げられ年下男と恋に落ちるシングルマザーに
新成人・福士蒼汰「図書館戦争」「あまちゃん」など話題作への出演相次ぐ
福士蒼汰、主演最新作「江ノ島プリズム」で夢のタイムトラベル
白石×福士×デーモン「仮面ライダー MOVIE大戦」最新作がキターーー
福士蒼汰、新キャラのピンチに「いつもだったらベルト出すところ」