韓流四天王イ・ビョンホン(右)とメガホンを執ったジョン・M・チュウ監督(左)

写真拡大

[シネママニエラ] 映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』で冷酷な暗殺者ストームシャドーを演じたイ・ビョンホンとメガホンを執ったジョン・M・チュウが来日し、ザ・リッツカールトン東京にて同作の撮影を語った。フォトセッションでは、イ・ビョンホンが役柄さながらに二刀流でポーズを決める場面も。

イ・ビョンホンは「記念すべき10回目の来日を迎えられて光栄です」と前置きし、「更に強くなって戻ってきたので、映画に期待してください」と挨拶。続けて、監督も「日本はクリエイターとして想像力を掻きたてられる場所。学生以来で日本に来られて、皆さんに会えて本当にうれしいです」と述べた。

そして本作が怒涛のアクションの連続であるため、イ・ビョンホンが役作りを語る。「今作では初めて使う武器があったので、その動きを習得する練習が2か月間必要だった。また、筋肉と肉体をより大きく見せるために、3か月くらい体作りを行って食事にも気を使ったよ。(苦労したのは?)自分にとって、ハリウッド作品で演じること自体が挑戦であり冒険。その中でプレッシャーを感じていたけれど、またいつこのような役ができるだろうか?と思った時から楽しめるようになりました。苦労した点も多々ありますが、とにかく私が楽しむことで、ストームシャドーという役がすばらしくなったのだと思っています」とのこと。

そのように謙遜気味のイ・ビョンホンだが、監督は「彼はただアクションをする俳優ではなく、アクションで演技をする俳優なんだ。ストームシャドーというキャラクターにどういう意義があるのかを話し合ったよ。彼はキャラクターに幅と威厳を持たせる演技を見せてくれたよ」と褒め称えた。

映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』予告編


原題=G.I. JOE: RETALIATION
日本公開=2013年6月8日
配給=パラマウント ピクチャーズ ジャパン
公式サイト=http://www.gi-j.jp/
c2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved. Hasbro and its logo, G.I. JOE and all related characters are Trademarks of Hasbro and used with permission. All Rights Reserved.

【関連記事】
G.I.ジョー バック2リベンジ/切り札は初代ジョー


――最新の「溺愛×偏愛映画」はこちら

G.I.ジョー スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]G.I.ジョー スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray] [Blu-ray]
出演:シエナ・ミラー
出版:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
(2009-12-11)