ソフトバンクモバイルは、他社からの乗り換えでiPhone 5を新規契約した場合、本体価格を2万1000円割引する「のりかえサポート」を2013年6月1日から始める。他社との「お得感に差をつける」のが狙い。

「かいかえ割」の内容もリニューアル

「のりかえサポート」の適用条件は、iPhone 5を新スーパーボーナスで購入し、「ホワイトプラン」「S!ベーシックパック」「パケットし放題フラット for 4G LTE」に加入すること。

また、実施中の「かいかえ割」の内容をリニューアルする。iPhone5を機種変更で購入して、「ホワイトプラン」「S!ベーシックパック」「パケットし放題フラット for 4G LTE」に加入すると適用される割引で、これまではパケット定額サービス定額料が1年間月額4410円(毎月1050円割引)になる特典のみだった。

リニューアル後は、機種変更と同時にiPad miniまたはiPad RetinaディスプレイモデルのWi-Fi版を購入すると24か月間毎月の請求から1200円割引される特典、ホワイトプラン基本使用料が1年間無料なる特典が追加され、3種類からいずれか1つを選べるようになる。

ほかにも、6月1日から「スマホタダ割」「スマホファミリー割」「スマホまとめて割」「スマホ紹介割」「【新】iPad ゼロから定額キャンペーン」「iPad for everybody」「スマホBB割」について、申し込み受付期間を延長し、内容も見直す。「のりかえサポート」と「スマホタダ割」キャンペーン併用も可能。「スマホタダ割」で選べる特典の中からiPad mini Wi-Fiモデル(16GB)を選択すると、「のりかえサポート」と合わせて実質負担額が4万9800円割引かれる。