【男性編】デートで交通費をケチるのは「妥当!」が56.8%

写真拡大

金遣いが荒い男性は困りものですが、ドケチすぎても引きますよね。マイナビウーマン マネー白書「この男性は『ケチだなあ』と思ったことってありますか?』」とアンケートで問いかけたところ、「ケチだと思ったことがある」と回答した女性から下記のような声が寄せられました。

■「デートで交通費をケチる」(その他・SOHO/その他・SOHO/2年目)
同棲中のカップルでなければ、二人で会うたびに交通費が発生するはず。あなたは、このケースについてどう思いますか? マイナビニュース会員の男性280名に聞きました。

>>>女性編も見る

<回答>
この男性はケチではない 56.8%
この男性はケチ! 43.2%

■この男性はケチではない

・「交通費すら出すのが厳しいのは俺も一緒」(24歳男性/小売店/販売職・サービス系)
・「交通費ほど無駄なものは無いと思います。歩ける距離を交通機関で移動するのは論外だと思う。自分なら、自分の定期券の範囲内で動ける距離をデートコースにして、交通費を1人分のみの支出(これくらいは奢る)に抑えるようにします」(32歳男性/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「年に1・2回の旅行ならともかく、頻度の高いデートは身の丈を意識する必要があると思うから」(24歳男性/電機/事務系専門職)
・「徒歩でも行ける距離なら楽しく会話しながら移動すればいいと思う」(26歳男性/その他/その他)

■この男性はケチ!

・「デートの日くらいはお金を気にしたくはない」(26歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「女性はハイヒールや厚底など歩きにくい靴を履いていることが多いので配慮すべき」(25歳男性/電気・ガス・石油/技術職)
・「余程の遠距離恋愛で無い限りは、交通費を切り詰めるのはあまりスマートではない」(30歳男性/情報・IT/事務系専門職)
・「毎日デートなら仕方ないが、週に1度や2度のデートならケチる必要はないと思うので」(29歳男性/団体・公益・法人・官公庁/事務系専門職)
・「交通費を減らした分を、デートにおける何か別のことに支出するとは考えにくいから」(26歳男性/電機/技術職)

デートで交通費をケチる男性を擁護する人が半数以上を占める結果に。節約したお金を上手に使ったり、できるだけ彼女に会う回数を増やしたりしているならOK。目的があればケチとは言えなそうですね。ただ、愛情が薄れているからお金をかけたくないという男性もチラホラ。急に交通費をケチるようになったら要注意かもしれません。

※『マイナビニュース』にて2013年5月にwebアンケート。有効回答数280件

(OFFICE-SANGA)