盛り上がる日本株市場! 「ETF」からはじめるって選択肢もアリ!?

写真拡大

日経平均株価が一時1万5000円を大きく上回り、その後調整が入っているものの、アベノミクス効果で盛り上がる日本株式市場。日興アセットマネジメントが4月中旬に行なったアンケートでも、アベノミクスを受けてすでに行なった投資先として、日本株や日本株投信を挙げる人が圧倒的に多かった。だが、日本株式への投資手法として「ETF(上場投資信託)」という選択肢があることは、意外と知られていないかもしれない。そこで今回は、「ETF」、しかも日本株の市場の動きに連動する「ETF」の魅力について、同社 ETFセンター長である今井幸英氏に聞いてみることにした。

――日本株に投資する方法として、まず頭に浮かぶのが投資したい会社を1つひとつ選んでその会社の株を買う方法。次に、もっと少額から投資したいとか、「複数の会社に分散して投資したい」「自分で投資する会社を選ぶのが難しいので専門家にまかせたい」などと感じる人にとって便利な投資信託を利用する方法が挙げられると思いますが、そのほかに日本株に投資する方法はあるのでしょうか?

日本株のインデックスファンドへの投資を考えているなら、上場投資信託(「ETF」)という選択肢もあります。

――インデックスファンドとは、どんな投資信託なのでしょうか?

日本株の投資信託には、大きく分けて「インデックスファンド」「アクティブファンド」の二つのくくりがあります。「インデックスファンド」というのは、日経平均株価に代表されるような「指数(インデックス)」の動きに連動することを目指して運用されるファンド(投資信託)のことです。「インデックスファンド」では日経平均株価が上がれば上がるというように、連動している指数にあわせた値動きが期待できるので、初心者にも分かりやすい投資商品です。「ETF」も基本的には、指数の動きに連動した運用をめざす商品です。

――なるほど。それでは、インデックスファンドと「ETF」とはどう異なるのですか?

「ETF」は投資信託の一種ですが、一般の投資信託と異なるのは、証券取引所に上場しているという点です。「上場している」ということは、株の取引のように、証券取引所の取引時間中、たとえば東京証券取引所であれば午前9時から11時30分の間と、12時30分から午後3時までの間は、基本的にいつでも売ったり買ったりすることができます。これが「ETF」の大きな特徴であり、魅力の一つです。

――そのほかに投資家にとって魅力的な点はありますか?

投資家にとって「ETF」が便利な点として、売りたい値段や買いたい値段を自分で決めることができるという点があると思います。「ETF」は、証券取引所で売買されていて、証券取引所の取引時間中、売り買いされる値段は変動しています。ですから投資家はネットなどでその値動きを見ながら、自分で売り買いしたい値段を決めて証券会社に売買の注文を出すことができるのです。

――リアルタイムで値動きを見ながら注文を出すことができるのは、確かに魅力的な感じがしますが、日中仕事があるビジネスパーソンには難しいような感じもしますが?

前述のとおり、「ETF」では、この値段になったら買う、あるいは売ると自分で値段を決めて売買の「予約注文」のようなことができます。これを「指値(さしね)注文」といいます。この「指値注文」は一般に、その有効期間を「きょう1日だけ」とか「きょうから何日後まで」などと設定ができます(注文を受け付ける証券会社によって異なります)。ですので、例えば、その「ETF」の値段が今週中に1万4,000円まで下がったら買いたいと考え、月曜日に5日間の有効期間を設定して指値注文を出しておけば、金曜日までの間に取引価格が1万4000円まで下がった時点で、売買が成立することになります。