正しい歯磨き、ちゃんとできてる?

写真拡大

毎日ちゃんと歯をみがいているはずなのに、虫歯や歯周病になってしまうという場合は、歯磨きが正しく行えていない可能性があります。ここでは、正しい歯磨きの方法を御紹介。今は歯に問題がないという方も、一度チェックしてみましょう。

■正しい歯磨きのタイミング

眠っている間は唾液が減り、口の中の細菌が繁殖しやすい状態となるため、夜寝る前、朝起きてからの歯磨きは欠かせません。このほか三食の食事後、間食後もしたいところですがさすがにそこまで頻繁に磨くのは大変なので、一日二回以上を目安に。

■歯垢を取ることが大事

虫歯も歯周病も、原因は歯垢です。歯垢とは磨き残し部分に細菌や毒素が付着していったもので、そのままにしておくと更に細菌が増加してしまいます。磨き残しがおきやすいのは、歯と歯の間部分、歯茎との境目、奥歯や歯の裏側など。

黄白色に変化している部分がないか確認してみましょう。歯垢がどこにあるのかわからないという場合は、歯垢染色剤(プラークテスター)を使うと便利。これは口に含むと歯垢が付いている部分が赤く染まるため、磨き残しが見つけやすくなります。歯垢染色剤は歯科医院や薬局の歯ブラシコーナーなどにありますので、ひとつ用意しておくといいでしょう。

■正しい歯磨きのコツを覚えよう

・歯ブラシの持ち方

ペンを持つ感じで。握ってしまうと歯ブラシを動かしづらくなります。

・歯ブラシの動かし方

力を入れすぎないように、小刻みに動かします。磨き残しになりやすい部分は特に念入りに。手の人さし指と親指を上手に使い、歯ブラシの角度を変えて毛先を当てるようにすると、磨きづらい部分にもよくとどくようになります。

■使いやすい歯ブラシを選ぼう

いろいろなタイプが売られていますが、口の大きさや手の大きさなどに合わせて、使いやすいものを選ぶと良いでしょう。全体的に、小さいものの方が細かい動きがしやすくなっており、毛が細く柔かめの方が狭い隙間に入りやすく、歯茎への負担も少なくなっています。

歯ブラシは毛が開いてしまうと効果が落ちてしまうため、定期的にチェックしましょう。1〜2カ月程度での交換が理想です。すぐに毛先が開いてしまうという人は力を入れすぎて磨いている可能性が高いので、少し意識をして力を抜いてみましょう。

■デンタルフロスで細い隙間を掃除

デンタルフロスとは繊維状で、歯と歯の間の歯垢を取るのに使う道具のこと。「糸式ようじ」などが該当します。欧米などでは日常的に使われていますが、日本では歯科医院以外での利用率はまだまだ低め。歯ブラシでは落としきれない歯垢が取れるため、日常的に行うようにしましょう。

■一度治療した歯は今後も要注意

治療した部分はふだんの歯磨きのクセにより、磨き残しがおきやすい部分でもあります。また詰め物等が劣化してくることで、数年後にまた治療が必要になることも。一度でも治療をしている所はその後も特に気をつけて磨き、定期的に歯科検診を受けるようにしましょう。