女子会にもぴったりな、アフタヌーンティーが楽しめる国内ホテル10選

写真拡大

旅行のクチコミサイト フォートラベルは、同サイト上にて「旅の記念や女子会にもおすすめ♪ 優雅なアフタヌーンティーが楽しめる国内ホテル10選!」を公開した。

特集では、女性に人気のアフタヌーンティーが楽しめる国内のホテルを厳選し、フォートラベルユーザーの旅の思い出を写真やコメントとともに紹介している。

2013年4月にレストランやクラブラウンジなどが新しくなった「インターコンチネンタル 東京ベイ」では、ニューヨークにいるような豪華な雰囲気のラウンジで、アフタヌーンティーが楽しめる。ユーザーのレポートでは、プチサンドウィッチや野菜を使ったヘルシースイーツを紹介している。

ザ・リッツ・カールトンの「ザ・ロビーラウンジ&バー」は地上45階に位置し、東京スカイツリーも見渡せる。6月からは専任のティーマイスターがゲストの好みに合わせて茶葉を調合・提供する「アーティストリーアフタヌーンティー」がスタート。特集では、昼から夜にかけて変化するラウンジの景色についてのレポートも公開している。

ザ・ペニンシュラ東京「ザ・ロビー」では、生演奏を聴きながらティータイムを過ごすことができる。3段のティースタンドには、季節の食材やフルーツを使ったメニューが並ぶ。レポートでは、ペニンシュラホテルならではの伝統的なアフタヌーンティーを紹介。

「ザ・リッツ・カールトン 沖縄」の「ザ・ロビーラウンジ」では、エメラルドグリーンの美しい海を眺めながら、シークワーサーやタンカンなど、沖縄ならではの食材を使ったアフタヌーンティーが楽しめる。特集では、南国リゾートのアフタヌーンティーの様子をレポートしている。

その他特集では、ホテル日航東京、パークハイアット東京、帝国ホテル東京、ホテル椿山荘東京、マンダリンオリエンタルホテル東京、シャングリ・ラホテル東京のアフタヌーンティーについても公開している。