27日、フジテレビ系「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングのコーナーに、歌手・女優・デザイナーの篠原ともえが出演、個性的なファッションセンスで注目を集めた。

1995年、デザイン学校在学中だった篠原は、16歳にして電気グルーヴの石野卓球プロデュースで歌手デビュー、TV番組にも多数出演していた。また、常にそろえた前髪にだんご頭、じゃらじゃら腕輪や目玉の指輪等をつけ、ハーフパンツにサスペンダーでランドセルを背負う独特のファッションセンスで「シノラー」と呼ばれるファンを生み出した。

篠原の同コーナーへの出演は8年ぶり、2000年のレギュラー出演から数えると13年ぶりとなる。

34歳となった篠原は、登場してすぐ「こんにちわ〜タモリさ〜んお会いしたかったです〜、お元気ですか〜」「わ〜うれしい〜篠原ですよ〜」と、当時と変わらぬ口調で挨拶、その可愛らしい様子に会場からは歓声が上がった。

篠原は特徴的だった八重歯を矯正、肌も白くなり、白地に水玉のワンピースを身につけた落ち着いた雰囲気で登場、デビュー当時とのあまりの違いに、タモリも驚きを隠せない様子だった。

しかし、その後の篠原の発言にスタジオの観客はさらに驚くことになった。篠原は、当時の写真に触れ「この当時の髪の毛をイヤリングにしたんです、今日の」と話し、一見ロングヘアに見える現在の髪型が「髪の毛イヤリング」によるものだと明かしたのである。

観客からは悲鳴にも似た驚きの声があがり騒然となったが、篠原は「え?しませんの?自分の髪の毛、イヤリングにしませんの?」と返し当然といった様子。「いやー聞いたことないよね」「ちょっとくれないかな」というタモリに、「差し上げたいぐらい」と髪の毛イヤリングを取り外してみせた。篠原によれば、30代になった頃ショートヘアにしたが、切った髪の毛を「残したいから」とイヤリングにしたのだという。「すごいね、俺も残しとけばよかった」とタモリも苦笑いだった。

しかし、タモリにとっては篠原の成長のほうが驚きだった模様。30代の篠原と、当時の「シノラー」の写真を見比べたタモリは「全然今の方がいい女だよ」「(18歳ごろの写真は)若いだけだよ」と褒めたたえた。

かつての「シノラー」ブーム時に比べれば、TV出演の数は減ったようにも見える篠原だが、NHKでのナレーションや、ドラマ、映画、舞台への出演など途切れる事なく活動している。また、今回のいいとも!出演時の衣装もそうであったように、出演時の衣装・装飾を自ら手がけるなど、マルチな才能を発揮し堅実に成長してきたようだ。これまでの共演者との結びつきも強いようで、今回のいいとも!には浅倉大介、ユースケ・サンタマリア、Kinki Kids、谷村新司ら、そうそうたる面々から花束が贈られていた。

篠原は現在、日本テレビ系情報番組「PON!」に毎週出演、7月には初主演映画「猫と電車」の公開も予定しており、さらに活躍の場を広げている。




【関連記事】
ジョンソン・エンド・ジョンソン、「瞳の黄金比率コレクション」の3人は渡辺直美さん、川澄奈穂美さん、篠原ともえさん
篠原ともえ、井筒和幸監督と映画談議で意気投合!「篠やん」と呼ばれる仲に!
宙(そら)ガール・篠原ともえが天文ファン憧れの地、フィンランドへ!『旅のチカラ』
山や森の次は宇宙を見よう! 天体に興味を持つ『宙ガール』って!?

【関連情報】
篠原ともえ☆OFFICIAL WEB