moe

写真拡大 (全5枚)

パーティに絶対欠かせないもの。楽しい仲間と、気の置けない会話。そして、何はなくともやっぱりシャンパン。これさえあれば、素敵なパーティが演出できると言っても過言ではないはず。そんな華やかなイメージを持つシャンパンの中でも、モエ・エ・シャンドンといえば伝説的で特別で、飲み物の歴史の中でもひときわ華やかな存在。1743年、ワイン商を営み、ワイン鑑定家でもあったクロード・モエがモエ・メゾンを創立して以来、この黄金色の飲み物は、ヨーロッパ各地の王宮で愛されてきた。華やかなりしベルサイユ宮では、社交界の華だったポンパドール夫人がすっかり虜に。1893年には、ビクトリア女王が王室御用達に指定すると、英国王室でも密接な関係がスタート。チャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚式など、重要な行事の際には必ずモエが振舞われ、世界のセレブリティたちを魅了してきた。

現代を代表するセレブリティといえば、ハリウッド・スター。もちろん、彼らにも愛されてきたモエ。サラ・ベルナール、グレタ・ガルボ、エヴァ・ガードナー、ケーリー・グラント、オーソン・ウェルズら伝説のスターたちがこよなく愛し、映画祭とも深いかかわりがあることも有名。その他、名だたる世界的なイベント、例えば、自動車レースのル・マンやF-1をはじめ、パリ、ロンドン、ニューヨーク、ミラノで開催されるコレクションなどでも、今や欠かせない存在となっている。

まさにパーティの真髄を知るモエ・エ・シャンドンは、当然ながらパーティの達人。特に今年は、その力量がはっきりと現れた年。“BE FABULOUS”をテーマに、世界各地の主要都市を明るく輝かせ、人々を啓発するファビュラスな祝宴が続いた。2006年9月28日には、モエ同様にフランスから生まれた世界的なアイコン「自由の女神」を現代的な光のデザインで斬新にライトアップ。“リバティ・エンライティング・ザ・ワールド(世界を照らす自由)”をコンセプトに掲げたラグジュアリーなシャンパン・パーティは、史上空前のイベントとして、ニューヨーカーをはじめ、世界の人々を驚かせた。

11月21日には、東京の六本木ヒルズでもパーティが。スワロフスキーのクリスタルを纏った限定ボトル「スター・オブ・ナイト」(数量限定で発売中)の日本上陸にあわせて開催されたもの。日本を拠点とする多くのセレブリティが集合。アーティスト、女優、モデル、デザイナー…と、モエを愛する人々が、美味しいお酒と楽しい会話に酔いしれた。

ちなみに、モエの考えるファビュラスとは“ゴージャスでは派手すぎる、ビューティフルでは物足りない。サプライズと遊び心あふれるエレガントでポジティブなカッコよさ”。“BE FABULOUS★”は、喜びと素晴らしさに満ちた生き方を愛する全ての人にモエが贈る世界共通のメッセージというわけだ。



パーティが増えるこの季節。大切な人たちとの楽しい時間をとびきりスパークリングに演出したいならシャンパンをお忘れなく。そして、思い出に残るファビュラスなひとときを祝って、乾杯!