「本当のことを…答えてもらおうか」ゴルゴ13が養命酒コラボで胃腸レベル診断

写真拡大

養命酒製造は、人気マンガ『ゴルゴ13』とコラボレーションしたキャンペーンサイト「ゴルゴ13 胃腸の危機 presented by 養命酒」を、5月27日にオープンした。

このキャンペーンでは、いくつかの3択の質問に答えることで、胃腸の危機レベルを診断してくれるコンテンツを展開。設問の途中、さまざまなシチュエーションの「ゴルゴ13」が登場し、設問内容を分かりやすく解説。設問が終わると、あなたの「胃調の機器レベル」を『ゴルゴ13』にちなんで「13」段階で教えてくれる。診断終了後には、本サイト限定のスクリーンセーバー「ゴルゴロック」と壁紙「ゴルゴウォール」のダウンロードが可能となる。

また、「養命酒オリジナルアタッシュケース」が抽選で13名に当たるキャンペーンも現在実施中で、こちらは「胃調の機器レベル」診断終了後に応募可能。このアタッシュケースは、養命酒(1リットル瓶)を2本収納でき、ウレタンクッションを外すと通常のスーツケースとしても利用できるというもの。キーの解除ナンバーが「565(ゴルゴ)」というこだわり様で、当選者の名前が刻印された特製ネームプレート付きとなる。アタッシュケースプレゼントのキャンペーン期間は、5月27日から7月31日まで。

『ゴルゴ13』は、年齢・国籍・経歴など一切が謎に包まれている超A級スナイパー”ゴルゴ13”の活躍を描いた、さいとう・たかをによる傑作劇画。1968年に小学館ビッグコミックで連載が始まり、今年で連載45年目を迎える。リイド社から発行されている単行本は現在168巻を数え、シリーズの累計発行部数は2億部を超える。

(C)さいとう・たかを/リイド社

(C)2013 YOMEISHU SEIZO CO.,LTD.