北海道札幌市に「上島珈琲店」が道内初出店 -地元食材使用のスイーツなども

写真拡大

ユーシーシーフードサービスシステムズの主力業態である上島珈琲店は24日、北海道初出店となる「上島珈琲店 札幌アピア店」を札幌駅から直結の地下街ショッピングセンター「アピア」にオープンした。

上島珈琲店は、「失われつつある日本の喫茶文化を大切にした、懐かしくて温かで、しかしかつて何処にもなかった大人のための喫茶店」をコンセプトとした、セルフスタイルの喫茶業態。2003年6月に東京都内に第1号店をオープンして以来、首都圏・京阪神を中心に出店を広げ、現在全国に約100店舗展開している。

今回、上島珈琲店の10周年にあたり、更なる客層と展開エリアの拡大を目的に北海道で初めてオープン。北海道初出店となる同店は、北海道らしさを訴求するディスプレイとして内装のデザインに暖炉などを導入し、暖かな空間を演出している。

コーヒーは、「ネルドリップブレンド」(S340円・ M380円・ L440円)、「黒糖ミルク珈琲」(S350円・ M390円 ・L500円)を用意。また、「北海道産ゴーダチーズ使用のクロックムッシュ」(360円)や、北海道産メロン果汁を使用した「メロンミルク珈琲」(S430円・ M480円・ L590円)、「小林牧場 さわやか牛乳ソフトクリーム」(350円)など、「地産地消」をコンセプトとした同店限定のオリジナルメニューを提供するという。

住所は、北海道札幌市中央区北五条西3丁目 札幌アピア内。営業時間は7時30分〜22時で、年中無休。席数は85席。