国際短編映画祭で、ウルトラQなど円谷プロの特撮作品をオールナイト上映!

写真拡大

アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(以下SSFF&ASIA)」は、創立50周年を迎えた円谷プロダクションとコラボレーションし、5月31日、6月1日の2日間、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、同プロダクションの特撮作品をオールナイト上映する。

SSFF&ASIAは、今年15周年を迎える国際短編映画祭。今回は、過去最多5,000本以上の作品が世界120の国と地域から集まるという。

「六本木ヒルズオールナイトスクリーニング」では、円谷プロ創立50周年を記念し、特撮作品をオールナイト上映。日本で最初の本格的特撮テレビ映画「ウルトラQ」と、半世紀を経て戻ってきた「ネオ・ウルトラQ」ほか、特撮ドラマ、恐竜ものなど選りすぐりの作品を上映する。

また、特別ゲストとして、5月31日には「ネオ・ウルトラQ」の中井庸友監督、田口清隆監督(「長髪大怪獣ゲハラ」など)、6月1日には、「ウルトラQ」、「ウルトラマン」でヒロイン役を演じた女優の桜井浩子さんも登壇。各日24時からトークショーを行う。

ネオ・ウルトラQを上映する「TSUBURAYA 01」は、5月31日・6月1日の24時〜26時10分。怪奇大作戦、ウルトラマン、怪獣ブースカを上映する「TSUBURAYA 02」は、5月31日・6月1日の26時25分〜28時5分。

「恐竜探検隊ボーンフリー」、「恐竜大戦争アイゼンボーグ」、「恐竜戦隊コセイドン」、「緊急指令10-4・10-10」を上映する「TSUBURAYA 03」は5月31日・6月1日の28時20分〜30時。チケットは、1プログラム券は1,500円、1日券(3プログラムチケット)は3,000円。

また、SSFF&ASIAのアニメーション部門では、I.G作品でアヌシー国際アニメーション映画祭にも参加が決定している「キックハート」を上映する。押井守氏が監修、湯浅政明氏が監督・原作を務めた同作品は、国内映画祭では初公開となる。6月2日には、湯浅監督が来場する。

同作品は、6月2日にラフォーレミュージアム原宿、6月7日・12日にブリリアショートショートシアターで上映する。

(C)円谷プロ (C)2013 円谷プロ・WOWOW