京都水族館で誕生したオットセイの赤ちゃんの一般公開が開始!

写真拡大

京都水族館では、3月12日に産まれたミナミアメリカオットセイ(メス)の赤ちゃんを5月28日から一般公開している。

母親のラズ(推定4歳)と父親のパブロ(推定4歳)の間に産まれた赤ちゃんは、現在、バックヤードですくすくと成長している。体重約5.4kg、体長約40cmで産まれた赤ちゃんは、5月20日(生後70日)時点で約9.7kg、体長約60cmになった。母親のラズも元気に子育てしている。

赤ちゃんがプールを泳ぐ様子や、「メエエエ」というかわいらしい声をあげて動き回る様子、母親に寄り添って眠る様子などを見ることができるとのこと。

営業時間は午前9時から午後5時で、年中無休(臨時休業あり)。料金は大人2,000円。高校生1,500円。中・小学生1,000円。幼児(3歳以上)600円となっている。

詳しくは、京都水族館(京都市下京区)を参照のこと。