イデーショップ自由が丘店ほかで、最新ファブリックのコレクション開催

写真拡大

イデーショップ 自由が丘店、イデーショップ二子玉川店、イデーショップ東京ミッドタウン店では、選りすぐり3ブランドによる、2013年春夏シーズン最新コレクションを展開している。

自由が丘店、二子玉川店、東京ミッドタウン店では、カーテンやベッドファブリックなどファブリック製品のオーダーメイドに対応しているが、中でも人気が高いのは、インテリアテキスタイルの本場・ヨーロッパのテキスタイルブランドの製品だという。

このほど「イデー ファブリック コレクション 2013」では、人気の3ブランドを上記3店舗で紹介。自由が丘店では、自然に根ざした美しさを、草木や花をモチーフに表現した「ウィリアム・モリス」のアーカイブコレクションを紹介する。

二子玉川店では、シンプルな鉛筆のスケッチからデザインされた、やわらかいタッチの柄と色味が特徴の「ロモ」のブラックエディションを展開する。東京ミッドタウン店では、「色の魔術師」と称される「マニュエル・カノヴァス」による、洗練されたコレクションを展示。

また、各ブランドの世界観を、イデーの家具コーディネートと併せて提案するほか、ブランドの最新生地を使ったイデーオリジナルのクッションも販売する。

同コレクションの開催期間は、5月24日〜6月24日まで。