もし獰猛な動物と1対1になったらどうする?-時速60kmで走れるカバなど-

写真拡大

インド人の少年とベンガルトラが、ほかの動物たちとともに漂流した冒険映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」が公開されたのも記憶に新しいところ。もし、あなたが危険な動物と1対1で出くわしたとしたらどうしますか?

クマのように出会う可能性の高い動物の話から、ライオンなどの遭遇率の低い動物の話まで、作家にして動物研究家のパンク町田さんにおうかがいしました。

――パンク町田さんは、昆虫から猛獣まであらゆる生物に興味を持ち、世界中を飛び回っては野生動物の生態を探る動物のスペシャリスト。そこでお尋ねしたいのですが、もし野生動物と1対1になったら……仲良くなれますか?

「それは、難しいですね。映画のように人間に飼われていたならばまた話は別ですが、野生動物の場合は向こうだって人間が怖いですからね。警戒もするし、やられる前にやってやろうって感じです。

そもそもこの地球上において、人間に対して警戒心のない動物って絶滅しちゃっているんですよ、残念ですが。警戒心の強い動物だけが絶滅をまぬがれて生き残っているんです。そりゃそうですよね。警戒心がなくちゃ、あっと言う間に人間やほかの動物の餌食ですから」

――そうそう簡単には仲良く漂流なんてできそうもないですね。では、もし森や山で野生動物に出くわしてしまった場合、どうしたらいいんでしょう?

「まずはクマについて。よくクマに会ったときは寝たふりをしろと言いますが、それこそ危険ですよ。熊って春先に冬眠して起きてくると、冬の間に雪の下で凍ったシカの死骸なんかを食べるんですけど、そんなクマの目の前で死んだふりでもしようものならば『おお、エサがあるぞ』って思われちゃいますよ。

とにかくクマに出会ったら目をそらさず、そして大声をあげたり大きな音を出しながら、少しずつ距離をとっていく。30〜50mくらい距離がとれれば、追ってくることはまずありません。

次にイノシシと出会ったら、とにかく周囲に板がないかを探す! その板をイノシシに対して斜めにして構え、闘牛士のような動きでイノシシをかわすんです。

板がない場合も、ヤツはまっすぐに走る習性があるので、とにかくかわす。また、イノシシは豚の仲間なので、高いところに登ることができません。ですから、近くに高いところを見つけて登れば安全です。

毒蛇に遭遇した場合、まむしなんかは簡単です。棒で頭を押さえて、ちりとりに入れて捨てちゃえばいいんです。ハブは少し厄介で、あのするどい牙があるので、マムシ退治よりも長い棒が必要です。

ただ、あの牙って意外に弱いんですよ。けして鋼の強さじゃないので、棒を口に入れて折っちゃえばいいんです。そうやって牙を折ってから捨てた方が、ほかの人にとっても安全です。ちなみに、その歯はやがて生えてくるので、心を傷める必要ないですよ」

――とにかく危険な生き物に出会っても、慌てず、弱みを見せず、相手の習性を知って冷静に対応することが肝心ということですね。それでは、もし歩いていてばったりカバに出会ったらどうしましょう?

「カバは見た目と違って動きがとても速くて、そばに寄るのは危険です。時速60kmくらいで走りますから、ぶつかったら車との交通事故の衝撃があります。

ただしカバは小回りがきかないので、まっすぐに走ってくるのさえかわせばOK。周囲を数回ぐるぐると回れば、カバは人間の動きについてこられません。そして背後に回ったときに逃げればいいんです」

――なるほど、こちらのフットワークを生かせばいいってことですね。

「早いといえば、ワニも早いんですよ。以前、ニューギニアに行ったときのことなんですが、低いフェンスが張り巡らされているエリアがあったんですよ。何の気なしにそのフェンスを越えて歩いていたら、もよおしてきてしまいまして……。