女性はペアを好み、男性がペアを嫌う理由

写真拡大

最近では、なかなか見かけなくなったペアルック。ですが、女性はやはり「ペア」のものにひかれ、こだわる傾向があります。指輪などのアクセサリー、マグカップ、食器などをペアで選ぶ女性はたくさんいます。

ですが、女性がペアのものを持ちたがるのに対し、男性はそこまで熱心にペアを好むことは少ないように感じます。この差は、どうして生まれてくるのでしょうか。なぜ男性は、ペアのものを身につけたり、使用したりすることに抵抗を感じるのでしょうか。

■男性の複雑な恋愛心理が、ペアグッズを遠ざけようとしている

女性がペアのものを好む理由は、二人の関係がより親密なものになっているかのように感じられるからでしょう。周りの人たちに「私たちは付き合っている」「しかも、ペアのものを身につけられるくらい愛し合っている」とアピールするために、ペアを選んでいるということも考えられます。

しかし、男性はこのようなアピールを嫌う人が多いようです。その理由はいろいろですが「チャラチャラした男に見られたくない、しっかりした男性に思われたい」「他の人に見られたら恥ずかしい」という気持ちから来ているものがほとんどでしょう。

また、アクセサリーやインテリア、洋服などにこだわりを持っている男性は、ペアのものを嫌います。いつも自分の好きなブランドでバシッと決めていたい。こんな男性にとってはペアを身に付けることは苦痛でしかありません。ティーンエージャーであれば別かもしれませんが、大人の男性になればなるほど、そのハードルは高くなります。さりげないペアのものだったらまだしも、はっきりわかるようなデザインのものは、男性は抵抗があるようです。

ペアリングなどの場合には、「そもそも指輪を付ける習慣がないから、慣れなくて」という男性もいるでしょう。女性などに比べて、男性は指輪やペンダントをつける習慣がない人が多いです。社会人でいつもスーツを着ているような仕事の男性にとって、アクセサリーをつけるのはあまり一般的ではありません。「持っていてもつけることがない」からこそ、興味がないと言えるでしょう。

■男性にとって、ペアは「重い」

また、女性は「ペアのものを身につけていると、いつも二人が恋人だと感じられる」と思うのに対し、男性は「その気持ちが重い……」と感じることがあるようです。束縛されたくない、自由でいたいと思う男性にとっては、ペアは重荷にとられてしまうかもしれません。

「どうして女はペアのものを欲しがるのか?」「どうして、彼はペアを嫌がるの?」と、お互いの対応に不満がたまっているならば、カップルで話し合うべきでしょう。そうすることで、お互いの価値観がよくわかってくるはずです。どちらにせよ、無理をしてつけるものではありません。