「Only God Forgives(原題)」の一場面(C)Copyright 2012 : Space Rocket Nation, Gaumont & Wild Bunch

写真拡大

「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリングが再びタッグを組み、第66回カンヌ映画祭コンペティション部門に出品された最新作「Only God Forgives(原題)」が、2014年1月に日本公開することが決定した。

2011年・第64回カンヌ映画祭監督賞受賞、世界的ヒットを記録した「ドライヴ」でタッグを組んだ二人の最新作は、アメリカを追われ、バンコクでボクシングクラブを経営しながら麻薬の密売にかかわる主人公ジュリアン(ゴズリング)が、売春婦を殺した罪で惨殺された兄のため、巨大な犯罪組織を取り仕切る母らとともに復しゅうを果たそうとする姿を描く。

今年のカンヌでは惜しくも賞は逃したものの、レフン監督独特の映像美に乗せた過激なアクションが高く評価されたという。共演はクリスティン・スコット・トーマス、ビタヤ・パンスリンガムら。

■関連記事
「ドライヴ」監督デビュー作「プッシャー」3部作 1週間限定上映決定!
「ドライヴ」監督×D・ワシントン、80年代TVドラマの映画化でタッグ?
寡黙なヒーローが夜の街を切り裂く。新鋭監督N・W・レフンに注目
カルト映画「バーバレラ」を「ドライヴ」の監督がテレビドラマ化
「ドライヴ」R・ゴズリングがバイオレンスを爆発させる予告公開