神奈川県・横浜に韓国伝統茶カフェ「五嘉茶 OGADA」日本第1号店が誕生!

写真拡大

オガダ・ジャパンは横浜みなとみらいに開業する「MARK IS みなとみらい」に、日本初の韓国伝統茶カフェ「五嘉茶 OGADA-ゴカチャ オガダ-」を6月21日にオープンする。

「五嘉茶 OGADA」は韓国で2009年に誕生した韓国伝統茶カフェ。伝統を踏まえながら、現代のライフスタイルに合わせたスタイリッシュカフェとして人気を得、2年ほどの間で約50店舗に拡大。様々な国際イベントにも出店している。

このほど日本において、韓国の伝統茶の魅力を紹介すべく横浜に一号店を開店。「ガン茶(生姜とみかんのお茶)」「ホ茶(梨と生姜のお茶」「へ茶(なつめのお茶)」など、代表的な五種類の健康茶は、専門医の監修を受けてブレンド。従来の健康茶よりも飲みやすくなっている。

健康茶だけではなく、美容と健康のためのドリンクも充実。「雑穀」「うずら豆」「柚子とカリン」などのスムージーや、果物と高麗人参を使用した健康フレッシュジュースも販売する。

また、日本人が好む繊細で優しい味と、エネルギーとパワーにあふれた韓国の味わいを融合させたヘルシーフードも用意。野菜たっぷりのビビンバや、旬野菜の韓流サラダ、あさりのスンドゥブ、たっぷりきのこの豆乳スープ、天然酵母を使用したピタパンなどを販売する。

同店は6月21日オープン。営業時間は10時〜20時(土・日・祝・休前日は21時まで)。