「当たるも八卦、当たらぬも八卦」の「八卦(はっけ)」って何? 【オフィスで役立つ『風水』基礎知識】

写真拡大

前回までは「五行」について書きましたが、そもそも五行は「陰陽五行」と言われることが多いんですね。

ではその陰陽とは何か?

今回はその概念について、簡単に説明させていただきます。

古代の中国の考え方です。

万物の起源である、原始エネルギーは、真気(しんき)と呼ばれるひとつの円で表現されます。

受精していない卵のようなこの状態に、やがて変化が訪れます。

精子が入ることにより、動きが出てきます。ふたつに分かれ、さらには成長する陰と陽の活動の場となります。

陽は文字通り、支配的・積極的な支配力をもったエネルギー、逆に陰は何かを生み出したり、育むといった受容的な性質を持っています。

どちらがいいというものではなく、男と女、太陽と月のように、常に対にあるものに対する概念です。

一般に、一番右の図を、「太極(たいきょく)」などと呼びますが、これは、絶え間なく交代をしながら、成長し、発展していくという陰陽2つのエネルギーについて、表したものです。

易者が、よく「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と言うのをマンガやドラマで見聞きしましたよね。あの八卦です。

陰陽は互いに影響しあって、子を生みます。

それがさらに子を生み、八つのエネルギーの基本的な性質が出来ます。

これが中国の「易」の基礎となる八卦です。

風水では、宇宙のあらゆる現象を、この八卦の性質に照らし合わせて考えます。

そうです。韓国の国旗は、まさに「太極」と「八卦」(のうち主な4つ)からできているわけです。

国旗に使うくらいですから、これらが人々の生活にどれだけ根付いているか、わかるというものですね。

八卦はまた、45度ずつに分けられた、8つの方角を表します。

そしてその並びは、1年・1日といった周期にも関連付けられます。

例えば「震」は、東であり、春であり、朝です(五行を思い出してください。春の色は青でしたね。こんなふうにすべてが結びついているのです)。

また、人は生まれた日、そして男女別によって、この八卦のどれかにタイプ分けされます。

これを本命卦(ほんめいか)といい、中国伝統風水では、人も、住宅も(もちろんオフィスも)、その(代表者の)本命卦を求めた上で、鑑定・調整を行なっていきます。

オフィスなら社長さんの本命卦とオフィスの八卦(これは入り口の向きで決まります)を照らし合わせて、最適な位置取りなどをしていくわけです。

いわゆる易占いの類は、この八卦どうしのすべての組み合わせ、六十四卦で、事象を判断するものです。

風水とは、こういう関係があったんですね。

実におもしろいと思いませんか?