使えないビジネスマン5つの特徴

写真拡大

使えないビジネスマンには共通した特徴があります。使えないビジネスマン5つの特徴を紹介します。

■使えないビジネスマン5つの特徴

1. ささいなミスでも、「ごめんなさい」と謝らない。
2. ミスの理由を他の人間や取引先のミスや不測の脅威に求め、不可抗力を強調する。
3. 雑談でも、自分の失敗談をしない。
4. 「あの時、俺の言うとおり続けていればよかったのだ」というエピソードを披瀝する。
5. 温厚で、自信に満ちあふれた雰囲気をかもしだし、プラス発想をアピールする。

ところが、こういった人間がトップの相談役になっている企業が地味に多いです。特に大企業から中小企業に移ってきた人間によくみられます。彼らは、トップの願望を察し、それに迎合する勇ましい意見や情報を提示します。態度がへんに堂々としており、新聞の受け売りを自身満々に言う人もいます。こういった人間を相談相手として重用すれば、トップが経営判断を誤る危険が飛躍的に増します。なぜなら、トップが見切りをしたくないことを察し、見切りに反対するからです。

ナンバーワンが並でもナンバーツーがしっかりしていれば何とかなるが、ナンバーツーが並以下だとどうしようもないのです。使えないビジネスマンの特徴がある人には注意しましょう。

「人事に必要な知識本のまとめ」の詳細を調べる