クライヴ・オーウェンがソダーバーグ監督のTVドラマに出演

写真拡大

数年前から監督を引退するウワサが流れているスティーヴン・ソダーバーグ(『トラフィック』『オーシャンズ11』)だが、どうやらまだ引退する気はなさそうだ。

米Deadlineによると、ソダーバーグは新たに手掛ける『The Knick』の10話のエピソードすべてを監督する交渉に入っているという。そしてこの作品にクライヴ・オーウェンが出演することも決まったようだ。

『The Knick』は、1900年代のニューヨークにある病院を舞台に、外科医、看護師、スタッフたちが新しい医学の道を切り開こうとするストーリー。クライヴとソダーバーグは製作総指揮者として、このドラマを米ケーブル局Cinemaxに売り込み、同局は『The Knick』を10話のシリーズとして放送することを了承しているという。ちなみに、映画専門チャンネルであったCinemaxは昨今自社で製作するオリジナルドラマを増やしており、最近では『トランスポーター ザ・シリーズ』を製作している。

アメリカでは、ソダーバーグが監督したピアニストのリベラーチェを描くTV映画『Behind the Candelabra』が5月26日にHBOで放送されたばかり。引退などせずに、これからも映画やTVドラマで活躍してほしい。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
【ネタばれ】衝撃のラストで幕を閉じた『グレイズ・アナトミー』の最新シーズン、早くも登場!
アメコミ・ファン待望の超話題作が登場!LAスクリーニング2013@Disney Media Distribution
医療ドラマの名作『ER ? 緊急救命室』7月10日(水)スタート!