東京都・高円寺で、「東京高円寺阿波おどり」を開催 -150連が演舞を披露

写真拡大

東京高円寺阿波おどり実行委員会とNPO法人東京高円寺阿波おどり振興協会は8月24日・25日、「第57回東京高円寺阿波おどり」を開催する。

同イベントは、昭和32年(1957年)に始まり、今年で57回目を迎える伝統行事。当初、高円寺の街ににぎわいを求めて、一つの商店街で始まり、隣接する商店街から周辺町会・自治会にも拡大、高円寺の街に育まれながら成長した。現在では1万人が踊り、100万人の来場者を集める東京の夏を代表する風物詩として定着しているという。

阿波おどりは、400年の歴史を誇る徳島の郷土芸能。同イベントでは、今年も延べ150の連が参加し、本場徳島の歴史と文化に敬意を払いつつ、熱気と感動の演舞を展開する。 また「おどれ高円寺セシオン2013」(会場:セシオン杉並ホール)や「2013座・高円寺阿波おどり」 (会場:座・高円寺ホール1)など、同時開催のイベントも行われる。

開催日時は、8月24日・25日 17時〜20時。少雨決行。会場は、東京都杉並区・JR「高円寺」駅、東京メトロ・丸ノ内線「新高円寺」駅周辺商店街および高南通りの8演舞場。その他、詳細は同イベント公式ページで確認できる。