アフレコに挑戦した福田彩乃

写真拡大

ものまねタレントの福田彩乃が、米ホラー映画「サイレントヒル リベレーション3D」の日本語吹き替え版で声優を務めることになり、5月27日、都内のスタジオでアフレコに臨んだ。

福田が演じるのは主人公の少女へザー(アデレイド・クレメンス)と、舞台となるサイレントヒルの影の支配者として恐れられているアレッサの1人2役。過去に韓国ドラマ「キング Two Hearts」などで吹き替えの経験はあるものの、初の“主演”ということもあり「いきなりの2役で、私でいいのかという不安は正直あったけれど、ありのままの私で演じきろうと思いました」と並々ならぬ意気込みを語った。

収録では息遣いの演技や叫ぶシーンでのマイクの距離感などに苦労したそうで、「特に走った後のハアハアとか、ブースで酸欠気味になりました」という。それでも、監督からのOKに納得がいかない場足は自らリテイクを進言し、「身振りや手振りが入っていないと、気持ちも入らない。とても楽しかったし、いつもと違う福田彩乃をお見せできると思う」と手応え十分の様子だ。

もともとが女優志望でもあり、夢に向かっての第一歩を記したことに満足げな様子。カンヌ映画祭では、事務所の先輩である福山雅治が主演の「そして父になる」が審査員賞を受賞したが、「是枝(裕和)監督が、タキシードをクリーニングしていて良かったと仰っていたので、私も今のうちにドレスをクリーニングして準備をしておこうと思います」と、早くも世界最大の映画祭でのレッドカーペットに夢をはせていた。

この日は親友のタレント・はるな愛が祝福に駆けつけ、「私にもホラー映画の依頼が来たことはあるけれど、おじさんの役だった。いつもはいろんな声を演じているけれど、今日の彩乃ちゃんは凄みがあって魂のこもった女優の声、顔だった」と絶賛。これに気を良くした福田も、「ダークだけれど、その中に美しさがあって目が離せない。常に追いかけられているドキドキ感のたまらない映画。ぜひ、日本語吹き替え版を見てください」とアピールしていた。

「サイレントヒル」は、累計840万本を超える人気ゲームの完全映画化。失そうした父親を捜すためにサイレントヒルにやって来た18歳のヘザーが、その街に秘められた真実、そして自らの出生に関わる秘密と向き合う姿を描く。7月12日から全国で公開される。

■関連記事
【予告編】「サイレントヒル リベレーション3D」
「サイレントヒル」新作、日本版イメージソングはGACKT新曲&予告で公開
美川憲一&福田彩乃「スノーホワイト」にちなんで壮絶バトル!?
福田彩乃、2000人を前に滝クリのものまね披露
はるな愛が“愛アンマン”に変身! 武井壮から抱きしめられメロメロに