審査員賞を是枝裕和監督(右)と脚本賞の賈樟柯(ジャ・ジャンクー)監督/写真:まつかわゆま

写真拡大

現地5月15日から開幕した第66回カンヌ国際映画祭が5月26日に閉幕した。

【写真を見る】パルム・ドールを獲得したアブデラティフ・クシシュ監督

2013年は珍しく下馬評どおりの結果となったと言えるだろう。ほとんどサプライズのない、皆が納得の結果だ。スティーヴン・スピルバーグ委員長をはじめとする審査員団が“素直に、率直に”選んだ結果である。

受賞結果は次のとおり。是枝裕和監督の『そして父になる』(10月5日公開)が審査員賞を獲得したことで、日本映画に明るい話題を提供してくれることになった。

パルム・ドール:アブデラティフ・クシシュ監督『La Vie D'adele - Chapitre 1&2』

グランプリ:イーサン&ジョエル・コーエン監督『Inside Llewyn Davis』

審査員賞:是枝裕和監督『そして父になる』

監督賞:アマット・エスカランテ『Heli』

脚本賞:賈樟柯(ジャ・ジャンクー)監督『A Touch Of Sin』

男優賞:ブルース・ダーン『Nebraska』

女優賞:ベレニス・ベジョ『Le Passe』

今回、パルム・ドールは特別に『La Vie D'adele - Chapitre 1&2Blue Is The Warmst Colour』のアブデラティフ・クシシュ監督と、2人の主演女優レア・セドゥとアデル・エグザルチョプロスに送られた。これは異例のことだが、スピルバーグ委員長いわく、「この映画は、この2人の女優を別の女優に変えたら成り立たない」ということだった。

キャスティングは映画の重要な要素であるが、これだけ、なくてはならない存在として俳優が評価されることも少ない。カンヌの規定として、パルム・ドールは他の賞と重ねてはならないことになっている。時々、審査員長によってはこの規定を無視する人もいるが、同じく審査員の河瀬直美監督によれば、「スティーヴン・スピルバーグは規定を守ると言っている」ための3人のパルム・ドールになったのだろう。苦肉の策とはいえ、なるほどその手があったのか、と審査員団の努力に拍手を贈りたくなった。【シネマアナリスト/まつかわゆま】