マイケル・クラーク・ダンカンさん
 - Tibrina Hobson / Getty Images

写真拡大

 昨年9月に亡くなった映画『グリーンマイル』のマイケル・クラーク・ダンカンさんのお墓が荒らされたと家族が警察に被害届を出した。

 TMZ.comによると、友人がマイケルさんのお墓があるフォレスト・ローン・セメテリーを訪れたところ、墓石の真ん中に「ちびくろサンボ」と思われる人形の顔が貼られていたという。家族や友人は憤慨し、ロス市警に連絡を取って被害届を提出。警察側は人種差別犯罪の可能性もあるとして調査中とのこと。

 人形の顔は墓地側がすぐに取り除いたが、犯人が見つかるまで気持ちは収まらないと家族はコメントしたという。

 ちびくろサンボは1899年にイギリスで出版された本で、日本を含め世界各国で翻訳、出版されてきたが、黒人差別図書として問題となり、日本でも絶版にした出版社もある。(澤田理沙)