主人公が“食べるだけ”の漫画「たべるダケ」が7月連続テレビドラマ化

写真拡大

小学館「月刊!スピリッツ」で連載中の高田サンコの漫画「たべるダケ」がテレビドラマ化されることが決定した。
放送は7月からで毎週金曜日夜0:52分からの連続ドラマ。テレビ東京・テレビ大阪ほかで放送される。

【関連:「僕は友達が少ない」実写化は事実、著者・平坂読さんがコメント発表】

「たべるダケ」場面写+書影 (C)高田サンコ/小学館


主演には、ドラマ初出演であり初主演となる後藤まりこが決定している。
後藤は昨年ソロデビューを果たしたミュージシャンでありながら、さらに女優としても舞台、映画にとその活躍の場を拡げている注目株の新人。

本作では、「謎の“食べるだけ”の美女」をそれこそモグモグと演じる。なお、ドラマ版では原作にないオリジナルキャラクターも登場が予定されている。
シズルに魅了され、彼女を追いかけ続けるバツ三男・柿野義孝、そんな柿野のことが次第に気になってしまう社内一のモテ女・薮内久美など、人間味溢れる個性的なキャラクターを、注目の俳優陣が演じる。なお、その他のキャストについては後日改めて発表される。

「たべるダケ」はタイトルの通り、主人公・シズルが、各話の主人公の前にいきなり登場して、“ご飯やお菓子を美味しそうに食べるだけ”という異色の作品。
人間の本質的な欲求「食」に対してとことん忠実なシズルの姿は、見ている側にまで「生きる力」を与えてくれる。そうした姿に各話の登場人物達が触れ、何かを得て変化していくという物語。

 
――主演・後藤まりこコメント

この作品の原作は以前から知っていて大好きだったので、今回ドラマ初出演で初主演ということで、ただただびっくりしています。まさかこうなるとは(笑)。(昨年舞台は経験させていただきましたが)ドラマはシーンを飛ばして撮影しますし、長い撮影期間も初めてなので多少不安もありますが、いろんなものを食べられるので楽しみです。特に楽しみなのは、はまぐり!浜辺で焼きたてをじゅわっと食べられるそうなので、やけどしないようにしないと(笑)。役作りについては、監督が「役になりきろうとするのではなく、自分の中にあるものを出してくれていいよ」と言ってくれたので、気は楽になりました。どうできるかは未知ですが、睡眠を十分にとったり、ゆっくりお風呂に入って、頑張ります!
原作の世界観を壊さず新たなものを作り上げたいと思っています。
後藤の食べっぷりにご期待ください!

テレビ東京13年7月クール「たべるダケ」後藤まりこ01テレビ東京13年7月クール「たべるダケ」後藤まりこ02

――原作者・高田サンコ氏ドラマ化についてのコメント

脚本からは、原作とは違う味わいなのに、なんだかしっくりくる気持ちのいい印象を受けました。
映像にますます期待が募ります!
厄年の2013 年、いいことがありました。と、言える出来事に恵まれ、皆々様に感謝しております!

――プロデューサー・大和健太郎(テレビ東京コンテンツビジネス局)コメント

美味しいものを本能の感じるままにただ「たべるダケ」その姿が美しく、神々しく、エロティックに感じる、そんな不思議なドラマです。謎の「たべるダケ」の主人公には、ドラマ初主演の後藤まりこを起用し、オリジナルストーリーも織り交ぜ、独特の世界観を生み出します。

 
●作品概要
・タイトル: 「たべるダケ」
・放送日時: 2013 年7 月クール(スタート日未定)/毎週金曜深夜0:52〜1:23 放送
・放送局: テレビ東京・テレビ大阪ほか
・原作: 高田サンコ「たべるダケ」 (小学館「月刊!スピリッツ」連載中)
・監督: 藤村享平ほか
・脚本: 北川亜矢子、一雫ライオン
・主演: 後藤まりこ
・公式HP: http://www.tv-tokyo.co.jp/taberudake/
・制作: テレビ東京/アスミック・エース
・制作協力: 松竹撮影所/ブリッジヘッド
・製作著作: 「たべるダケ」製作委員会

(C)高田サンコ/小学館
「月刊!スピリッツ」