<FedexCupポイントランキング>
 米国男子ツアー「クラウン・プラザ招待 at コロニアル」終了時点でのFedexCupポイントランキングが発表された。同大会で今季初勝利、ツアー通算3勝目を挙げたブー・ウィークリー(米国)が前週の28位から6位へのジャンプアップを果たしている。
 また同大会2位のマット・クーチャー(米国)は優勝こそ逃したものの大きくポイントを加算、前週の5位から3位へと順位を挙げている。
 2週連続の上位進出を目指した石川遼は予選こそ通過したが決勝ラウンドで乱れ70位タイ。最新ランキングでは前週の143位から3つ順位を落とし146位に入っている。

【FedexCupポイントランキング】
1位:タイガー・ウッズ(2,340pt)
2位:ブラント・スネデカー(1,474pt)
3位:マット・クーチャー(1,422pt)
4位:ケビン・ストリールマン(1,234pt)
5位:ビリー・ホースヘル(1,205pt)
6位:ブー・ウィークリー(1,114pt)
7位:フィル・ミケルソン(1,003pt)
8位:D・A・ポインツ(985pt)
9位:キーガン・ブラッドリー(974pt)
10位:アダム・スコット(919pt)

146位:石川遼(168pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】苦労の数だけ強くなる
B・ウィークリーが逆転優勝!遼は最終日もスコアを落とす
メジャー王者・井戸木鴻樹「アメリカはファーストタイム」
【関連リンク】
2013年各ツアー賞金ランキング
プロを目指した男が語る最新クラブのシンジツ