【女子感覚】参加をためらう会社の飲み会の金額「5,000円以上75%」

写真拡大

ビールがおいしい季節。会社帰りに飲みに行く機会が増えるのでは? 仕事にもプラスになることが多い職場飲み会ですが、回数が増えると会費が気になるところ。みなさんはいくらを超えると参加をためらってしまいますか? マイナビニュース会員の女性504名にアンケートしました。

調査期間:2013/5/9〜2013/5/14
アンケート対象:マイナビニュース会員
有効回答数:女性504名(ウェブログイン式)

男子感覚はこちら

【女性編】Q.参加をためらってしまう、会社の飲み会の金額を教えてください(単一回答)
1位 5,001円〜7,500円 55.0%
2位 3,001円〜5,000円 16.9%
3位 7,501円〜10,000円 11.7%
4位 10,001円以上 8.3%
5位 0円 4.2%

■5,001円〜7,500円
・「あまり飲まないのに何でそんなに払わないといけないのか納得できない」(33歳/金融・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「高すぎる。『上の人が出すから大丈夫だから、おいで』と言われ、二次会まで参加させられたが、結局一次会3,500円+二次会スナック代5,000円も普通に徴収された。おっさんたちはある程度給料もあるし、男性はスナックでいいのかもだけど、事務員の給料だとキツイということをわかっていただきたい。しかも、まったく面白くなかった」(25歳/商社・卸/事務系専門職)
・「嫌いな人の送別会で7,000円は断った」(31歳/医療・福祉/専門職)

■番外編:条件次第で参加します(10,001円以上)
・「これはちょっときつい。でも飲み会が大好きだから参加する!」(24歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)
・「ちゃんといい店なら別に高くてもいい」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「禁煙ならOK」(41歳/医療・福祉/専門職)

5,000円を超えると、会社の飲み会に参加したくないと感じる女性が半数以上を占めました。とくにお酒が飲めない女性は3,000円が限度。歓送迎会ならともかく、ふだんの飲み会でこれを超えると、「幹事失格!」と怒られてしまいそうです。

(OFFICE-SANGA)