愛知県名古屋市で、ご当地グルメも楽しめる「名古屋城まるはち博覧会」

写真拡大

愛知県名古屋市は5月29日〜6月16日まで、名古屋城にて「名古屋城まるはち博覧祭」を開催する。

同イベントは、本丸御殿の玄関と表書院の一般公開に合わせて開催するもので、名古屋の歴史・文化の発信を行う。

東門会場では、多くの椅子やテーブルを用意した飲食ブースを設置。手羽先や天むす、どて煮、味噌串カツなどの名古屋グルメや工場直送のビールなども楽しめる。また、二之丸会場でも新鮮野菜の販売や尾張・三河・伊勢などの名物を販売するほか、キッチンカーが登場し、富士宮焼そばや浜松餃子などのご当地グルメを販売する。

城内には、学生が曳(ひ)く人力車が土曜日・日曜日の10時〜17時まで場内を運行。乗車料は500円で「名古屋城本丸御殿積立基金」に寄付される。西の丸展示館では、名古屋城や本丸御殿のPR映像を見ることができる。

期間中の名古屋城開園時間は、9時〜18時30分(名古屋城入場は17時まで)。東門会場は、11時〜21時まで営業。