等身大まで対応可能! 自分の姿が作れる「3Dプリント・フィギュア」

写真拡大

ソニー・ミュージックコミュニケーションズは、3Dスキャナーと3Dプリントを使用したプレミアム・フィギュア「3Dプリント・フィギュア」を期間限定で販売する。

同商品の制作には、まずフルカラー3Dスキャナーによって全身を撮影。その3Dデータをオペレーターが色調や質感などを細かく調整し、フルカラー3Dプリンターによりフィギュアの出力を行う。その後、フィギュア一体一体に磨き加工を施し、表面にワックスを塗布して完成となる。

独自のモデリング技術や仕上げ技術により、ハイ・クオリティなフィギュア制作を実現。この商品は、3月に開催されたアニメ コンテンツ エキスポ 2013の同社出展ブースでテスト販売された。

3Dプリント・フィギュアの3D撮影日程は、6月8日、9日、7月5日、6日。3D撮影時間は10時〜20時。撮影場所は、ソニー・ミュージックコミュニケーションズ本社内撮影スタジオ。

販売価格は、S(高さ約15cm)4万9,000円、複製は2万円。M(高さ約20cm)は6万9,000円、複製は4万円。L(高さ約30cm)は12万円、複製は9万1,000円。いずれも台座付き。

なお、ウェディングドレス等の形状が複雑な衣装や、手を大きく広げる等の特殊なポーズの場合は別途オプション料金が必要。また、等身大サイズについても別料金で取り扱う。

詳細や予約申し込みについては、「3Dプリント・フィギュア」公式サイトで案内している。