銀時不在「銀魂」新ビジュアル、成長した未来の新八&神楽の姿も。

写真拡大

週刊少年ジャンプの看板コミック「銀魂」の映画化第2弾となる「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」(7月6日全国公開)の新たなキービジュアルが5月27日、解禁された。

今回解禁されたキービジュアルは、笑顔で振り返る現在の万事屋3人(主人公・銀時、新八、神楽)の姿と、その下には、現在の姿からは想像できないほど成長した未来の新八、神楽の姿。

未来のビジュアルに銀時はおらず、新八が銀時の持ち物であるはずの「洞爺湖」の文字が入った木刀を帯刀し、神楽は銀時が着ていた柄の着物を着用、2人共凛々しい表情を見せている。

放送7年にもわたるアニメ「銀魂」の完結編となる本作。未来のビジュアルに、主人公であるはずの銀時がいない理由は明らかにされていないが、今回の物語に大きく影響していることは間違いなさそうだ。

なお、6月1日(土)より、全国の上映劇場(一部除く)にて「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」の第2弾劇場前売券の販売がスタート。特典は今回解禁されたキービジュアルの特製限定クリアファイルとなっている。