プロが指南「片づけられない女」がデスク美人に大変身

写真拡大

「片づけたいのにできない」という人がいると俄然燃えるというかたづけ士の小松易さん。プロの指導で、幼少のころからの整理ベタはどこまで生まれ変われるか。

「小さいころから片づけができません。一念発起してやりかけても『これをどこに置こう?』と悩んでばかりでちっとも片づかない」

自他ともに認める片づけ下手の編集者、内山雅代さん。デスクは不潔ではないが、大量のモノや書類が無造作に置かれてある。PCのマウスを動かすスペースすらほとんどない。

11年3月の東日本大震災で、都内にある職場はグチャグチャになった。しかし、もともと散らかっている内山さんのデスク周辺だけは変化が見られなかったと同僚が証言する。かなりの重症患者だ。

かたづけ士の小松さんはまず理想像を問う。どんな仕事場にしたいのか、と。

「もっと置き場がたくさんある仕事場にしたいです。いや、場所は狭くはないのかな? モノが多すぎるのかな?」

迷走気味の内山さんに、小松さんはすかさず「片づけの基本」を説く。片づけとは整理→整頓の順であり、整理(=モノを減らすこと)をせずに、整頓(=モノの適切な置き場所を決めること)は難しいと。

大量のモノを上手に収納するにはセンスが必要で、小松さん自身も得意ではないのだと明かす。親しみを感じたのか、急に顔を輝かせる内山さん。片づけは苦手だが素直な性格のようだ。

改めてデスクの理想像を設定する。「席に着いたら仕事のスイッチが入るような集中できるデスクにしたい」。具体的な目標などもシートに記入する。

「書類を3分の2にまで減らす」「文房具は使うものだけに厳選」「使ったらすぐしまう動作を習慣化する」。以上3つが内山さんの目標。さあ、今日は丸1日かけて大整理だ! と思ったら小松さんからストップがかかった。

「一気に片づけようとしたら失敗します。次回のハードルが上がってしまい、習慣化できなくなるからです。毎日少しずつやることが成功の秘訣。1日15分間、片づけをしてください」

まずはデスクをいくつかのブロックに分ける。例えば、机の一番上の引き出し。今日片づけるのはこの1ブロックのみだ。

引き出しの中身をすべて別の場所に移動させ、「要るもの」「捨てるもの」「共有スペースに戻すもの」に分けていく。モノ1つにかけられる判断時間は最大30秒まで。タイマーで厳密にやると、「思い出の品」などに見入って時間を浪費する心配がない。

なお、第1段階では整理だけを行えばよい。整頓までやろうとすると時間がかかりすぎるからだ。デスク全体の物量を減らしてから整頓にかかる。

内山さんの引き出しの中身を出してみると、見た目以上に大量のモノが入っていることが判明した。化粧道具やCD、文庫本、お土産品といった私物。伝票類や文房具といった会社の備品も同じものが複数見つかった。

「使ったあと元の場所に戻さないからこうなるんですね……」

体を小さくして反省する内山さん。整理する余地は大きそうだ。タイマーを回しながら作業を進めていくと、「捨てるもの」以上に「共有スペースに戻すもの」と「自宅に持ち帰るもの」が多いことがわかり、最終的には引き出しの中身が半分近くにまで減った。これで15分弱。1日の作業は終了だ。ちなみに、今後のために整頓のポイントも聞いておきたい。

「使う頻度の高いものは手前で低いものは奥へ。そして、上から見て隠れるものがないように、立てて置くこと。置き場所を決めると、探す時間が少なくなります」

小松さんの話は常に明瞭である。内山さんには1週間で整理を終えるという宿題が渡された。あの片づけ下手が本当に変身できるのだろうか……。

1週間後、再び内山さんの職場を訪ねた。すると、目立つほど散らかっていたデスクがすっきりしている。明らかに物量が減っているのだ。

「とりあえず『要るもの』だけを選り分けて、残りは捨てるか人にあげるか戻すかを判断すればいいんですね。タイマーを使ったのがよかった。私は片づけ中に気が散りがちなので」

デスク周りの物量は全体でも半分ほどになったという内山さん。出社して席に着いたらすぐに仕事に取りとりかかれるようになった。片づけの効果は絶大だ。

問題はこの状態を維持できるかどうかだ。使ったものを何となく置いてしまう内山さんの癖は直らないかもしれない。無理は禁物。毎回置く場所を意識するのではなく、小松さんが教えてくれた次善策「退社前に時間をとって固定の置き場所に戻す」を実践することにした。内山さんは片づけ上手にはなれなくても、片づけ下手に戻ることはなさそうだ。

----------

かたづけ士 小松 易
1969年生まれ。フジタを退社後の2005年、片づけが苦手な人向けに、片づけコンサルティング「スッキリ・ラボ」を東京・銀座に開業。これまでに延べ2500人以上に片づけコンサルティングを行っている。著書に『仕事ができる人はなぜデスクがきれいなのか』(マガジンハウス)などがある。

----------

(大宮冬洋=文 向井 渉、的野弘路=撮影)