逆転で今季初勝利をつかんだブー・ウィークリー(Photo by Scott Halleran/Getty Images)

写真拡大

<クラウン・プラザ招待 at コロニアル 最終日◇26日◇コロニアルカントリークラブ(7,204ヤード・パー70)>
 米国男子ツアー「クラウン・プラザ招待 at コロニアル」の最終日。トータル10アンダーの2位タイからスタートしたブー・ウィークリー(米国)が6バーディ2ボギーの“66”をマーク。スコアを14アンダーまで伸ばし逆転で今季初優勝を挙げた。
ブー・ウィークリー選手のプロフィール
 1打差の単独2位にはマット・クーチャー(米国)、さらに1打差の単独3位にはウィークリーと同じく最終日“66”をマークしたザック・ジョンソン(米国)が入った。
 最終日の巻き返しに期待のかかった石川遼は、4バーティ6ボギーと3日目に引き続き乱調。結局トータル4オーバー70位タイで4日間の競技を終えている。

【最終結果】
1位:ブー・ウィークリー(-14)
2位:マット・クーチャー(-13)
3位:ザック・ジョンソン(-12)
4位T:スコット・スターリングス(-11)
4位T:ジョン・ロリンズ(-11)
4位T:マット・エブリ(-11)
7位T:ジョシュ・ティーター(-10)
7位T:ジョーダン・スピース(-10)
7位T:ティム・クラーク(-10)
7位T:クリス・ストラウド(-10)

70位T:石川遼(+4)他2名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
2013年米国男子ツアースケジュール
2013年各ツアー賞金ランキング
プロを目指した男が最新クラブを斬る!
美女ゴルファーを紹介!「今日の美ゴ女」
本当に入る線の書き方とは?鈴蘭隊長が検証!