9番でバーディゲットで森田を一打差まで追い詰めたが(撮影:ALBA)

写真拡大

<中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 最終日◇26日◇中京ゴルフ倶楽部・石野コース(6,519ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」最終日。国内ツアーにスポット参戦した上田桃子がトータル5アンダーまでスコアを伸ばし、4位タイでフィニッシュした。
LIVE写真館で上田桃子のプレーをプレーバック!
 1番でバーディを先行させた上田は、前半だけで4つのバーディを積み重ねトータル7アンダーでハーフターン。首位の森田理香子が6番のダブルボギーなどでスコアを落としていたため、1打差にまで迫った。「ハーフターンでボードを見てトップが8アンダーというのはわかっていました。特に気にせずやっていましたけど」。ところが、後半に入ると追撃の足がピタリと止まる。
 「やっていることは一緒だったんですけど、なかなかチャンスにつかなかった。後半は耐えながらでしたけど、あの3パットからですかね」。追いかける立場としては痛い15番のボギー。「上がりの3、4ホールもチャンスにつけられなかった」。結局最終ホールもボギーとしてトータル5アンダーでのフィニッシュに「今日は優勝争いではなく、優勝争いの近くまで行ったというだけ」と肩を落とした。
 次戦からは主戦場の米ツアーに復帰する上田。「次回は攻めていった時に獲れるようにしないと。課題ですね」。悪いながらも上位を争った手ごたえと、残された課題を胸に再び海を渡る。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
森田理香子、「苦しかった…」今季2勝目!初の逃げ切り優勝
堀奈津佳、前日2時間パッティング練習で復調!4位タイに浮上
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング