三越伊勢丹、最大8千件のショッピングサイト会員情報漏洩

写真拡大

 三越伊勢丹ホールディングスが、三越伊勢丹のショッピングサイト「三越オンラインショッピング」において外部から不正アクセスを受け、会員情報が漏洩していた被害について発表した。最大で8,289件の会員情報について不正アクセスの可能性があるという。

三越伊勢丹ショッピングサイト会員情報漏洩の画像を拡大

 同社は、「三越オンラインショッピング」において5月15日に大量のアクセスエラーが発生していることを確認して調査を開始。 23日に不正IPアドレス15件からのアクセスによって会員情報が閲覧・情報漏洩していたことを確認した。5月6日から23日までの間に約520万件の不正アクセスがあり、そのうちログインされた可能性がある8,289アカウントに対して不正アクセスを遮断。24日には「三越オンラインショッピング」サイトを一時的にクローズした。該当する会員のパスワードを初期化して個別に再設定を依頼し、25日にホームページ上で被害を報告すると同時に、全会員に対してパスワードの変更を呼びかけている。

 なお、25日までに会員情報の改ざんや消失、流出、ショッピング利用への不正アクセスは確認されていないという。同社は再発防止に向け、監視体制とセキュリティ体制の強化に努めていくとしている。

■三越オンラインショッピング:http://www.mitsukoshi.co.jp/shop