(PIXTA=写真)

「上司が評価してくれない」「やりがいが見出せない」「気持ちが安らがない」……。2500年前の教えをもとに気鋭の僧侶が古くて新しい悩みに答える。

■過去や未来ではなく「いま」に専念を

●給料は現状維持。給料以外、何を励みに働けばいいのか。
●目標の見つけ方がわからず、やる気が起きない。
●仕事がつまらない。自分に合っていないのではと思う。

「かけがえのない自分」への執着は、「そんな自分にふさわしいことを成し遂げたい」という欲望をも生み出します。そうした「やりがい」のために「励み」や「目標」が欲しくなり、「こんなつまらない仕事は自分に合っていないのでは」と思ってしまう。これらのケースもまた、欲望から生じる悩みです。

現代人は「他人にはできない特別なこと」をするのが「やりがい」であると思い込まされているように見受けられます。そうした「自我を刺激する特別性」を重視すること、また「やりがいがなければ」という価値観そのものが、暮らしが豊かになったごく近代になって認識され出したものです。昔の農民はたんに食べるため、生きるために働いていましたし、戦後もしばらくはともかくがむしゃらに頑張ることが重要でした。

日本人は集団で似たようなことをするのが得意で、それで国を発展させてきたという一面もあります。つまりもともとの日本人の国民性は、「同質性」であると考えられるのではないでしょうか。「自我の特別性」は日本とは文化が異なるヨーロッパから移入されたもので、私たちは異質な思想に“洗脳された”ことにより、よけいにつらく、悩まされるはめになったのかもしれません。

それはともかく、やりがいは欲しいと思っても得られるものではありません。やりがいを求めているうちは手に入らないのです。どんな仕事であれ、いまやるべき目の前のことにコツコツ取り組むうちに充足感がわいてきます。つまり、やりがいは“事後的に”出てくるものです。

ブッダは「過去や未来にではなく、『いま』に専念すること」が大事だと説いています。まずは意識を「いま」に向け、自分に与えられた仕事、自分がやるべきことにひたすら打ち込みましょう。

「昔は給料が上がっていったのに」と過去を振り返ったり、「何かすばらしい目標を」と未来に心をさまよわせたりして、「いま」をおろそかにしていてはつまらなくなるばかりです。そんなときには、自分の意識が過去や未来に飛んでいっていることを自覚して、「いま」に心を引き戻すようにします。「いま、この瞬間」に集中することが、「つまらなさ」を払拭する一番の方法です。

やりがいを求める裏に「自分には優れた能力があるのだから、それに見合う立派な仕事が与えられてしかるべき」という慢心が潜んでいる場合もあります。慢心が強いと、レベルが低い仕事に対しては手を抜くことで「この私に、なぜこんな仕事を」という不満をアピールしようとしますが、いい加減な仕事ぶりは周囲にもそれとわかってしまうもの。ゆえに周囲から「この程度の仕事を着実にこなせないような人間に、重要な仕事はとても任せられない」と思われて、逆効果になってしまうのです。

たとえつまらなく思える仕事でも、きっちりやり遂げることで周囲に好感を持って受けとめられ、認められるようになります。いい評価をもらうことは、時間がかかることでもあるのです。

さらに申せば、いまやるべきことをきちんとやらないと、自分の誇りが保てなくなるという弊害もあります。人間は無意識のうちに自分の心身の状態をモニターしているもの。手を抜いてだらだらやっていると、「この人間はだらだらしていて美しくない」と自分自身に認知され、自己嫌悪を抱くことになってしまいます。嫌悪感は誇りを傷つけ、よけいに意欲を失わせる悪循環に陥るというわけで、何はともあれ自分のために「いま」を大切にいたしましょう。

----------

ブッダの言葉

過去を想い出して
悲しむことなく、
未来を空想してぼんやりもせず、
ただ、「今、この瞬間」へと
心が専念していれば、
君の顔色は活き活きとして、
ぱーっと晴れやかになる。
もしも君が、心をうっかりさせて、
過去や未来という
非現実に心を溺れさせるなら、
やがて心も身体も
グッタリしてくる。
まるで刈り取られたあとに
しなび始める草みたいに。

(相応部経典)*『超訳 ブッダの言葉』170

----------

※記事中「ブッダの言葉」は、すべて小池龍之介編訳『超訳 ブッダの言葉』(ディスカヴァー刊)による。

----------

月読寺住職・正現寺住職 小池龍之介
1978年生まれ。東京大学教養学部卒。2003年、ウェブサイト「家出空間」を開設。現在は「正現寺」と「月読寺」(東京・世田谷)を往復しながら、自身の修行と一般向けに瞑想指導を続けている。『考えない練習』など著書多数。

----------

(月読寺住職・正現寺住職 小池龍之介 構成=岩原和子 撮影=向井 渉 写真=PIXTA)