「お掛けください」というときの「Sit down.」【うっかり使うとアブナイ英語】

写真拡大

【「お掛けください」というときのアブナイ英語】Sit down.

【こんなふうに聞こえるかも】お座り。

【ネイティブが使う英語】Have a seat. 



Sit down.は、基本的に目上の者が下の者に、あるいは強者が弱者に向かって使う表現です(犬にも言いますね)。喧嘩などは別として、ふつうの状況で相手に席をすすめる場合はHave a seat.と言います。