バン・ダムの活躍と火を噴くタイムマシンが印象的なオリジナル版写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

ユニバーサル・ピクチャーズが、ジャン=クロード・バン・ダムの代表作「タイムコップ」(1994)のリブートを計画していることが分かった。米ハリウッド・レポーター誌は、バン・ダムは関与しないと報じている。

ダーク・ホース・コミックス社の同名漫画をもとにしたSFアクション。ピーター・ハイアムズ監督がメガホンをとったオリジナル版では、バン・ダム演じる捜査官ウォーカーとタイムトラベルを自分のキャリアのために悪用する政治家(ロン・シルバー)の時空を超えた戦いが描かれた。97年にテレビシリーズが、03年にDVD作品として「タイムコップ2」が、それぞれ異なるキャストで製作されている。

スタジオは、コンセプトを刷新したリブート版として開発を進めるため、脚本家を選定しているようだ。ユニバーサル傘下のグローバル・プロデュースが製作、マーク・シュミューガーとトム・マクナルティがプロデュースを務める。

■関連記事
リブート版「ファンタスティック・フォー」は6月撮影開始
「裸の銃を持つ男」がリブート?
映画版「トゥームレイダー」がリブート
J・カーペンター監督「ニューヨーク1997」リブートへ
伝説のSFアニメをリブート 「キャプテンハーロック」特報動画公開