ここに紹介する本からは、今のリーダーに不可欠な3つの力を学ぶことができる。

1つ目は「逆境を乗り越える力」。IBMの復活劇を描いた『巨象も踊る』は、長引く不況に苦しむ日本でこそ読まれるべき本だ。

著者は、IBM元CEOのルイス・V・ガースナー。アメリカン・エキスプレス、RJRナビスコで経営手腕を発揮したガースナーは1993年、業績不振のIBMから再建を託された。

危機に直面したとき、多くの経営者は痛みを和らげる“投薬”だけで終わらせてしまう。だが、ガースナーは“投薬”と企業文化の“手術”を同時に行った。批判を受けながらも断行したのは、ここで変わらなければ企業が滅ぶことをわかっていたからだ。

変革するリスクより、現状維持するリスクのほうが大きい。ファーストリテイリング柳井正社長の『一勝九敗』や、英国元首相の『サッチャー回顧録』も、このことを教えてくれる。

『一勝九敗』柳井 正・著/新潮社
低価格フリースが大ヒットするまでのユニクロ成功譚。「この後、一時低迷するも、ヒートテックでまた成長軌道に。失敗しても一度の成功で飛躍的に成長できるという柳井氏の思想は今もぶれない」。

2つ目は「イノベーションを起こす力」。ずば抜けていたのは、アップル元CEOのスティーブ・ジョブズだ。評伝『スティーブ・ジョブズ(I・II)』では、幾多のヒット商品を生み出した彼の先見力を知ることができる。

日本マクドナルドの原田泳幸社長は、著者『勝ち続ける経営』の中で、「リサーチで企画するな」と書いている。消費者の言い分と実際の行動は、必ずしも一致しない。彼らの声に応えるだけでは、ヒットは生まれないのだ。

では、どうすればいいか。ヤマト運輸の中興の祖・小倉昌男元社長の『小倉昌男 経営学』に、そのヒントがある。

小倉氏はニューヨークの街角で、4つ角のそれぞれに米物流大手UPSのトラックが止まっているのを見た。小さな荷物を運搬しても儲からないというのが当時の常識。しかし、この光景を見た小倉氏は確信した。日本の消費者も、早く確実に荷物を届けるサービスを待ち望んでいるに違いない――。現象を立体的に眺め、自分の頭で考え抜く。その結果生まれたのが、「宅急便」ビジネスだった。

『小倉昌男 経営学』小倉昌男・著/日経BP社
「宅急便」生みの親による経営哲学書。「新しいビジネスを起こすために必要なのは、現象を立体的にとらえる『鳥の眼』。複雑な現象を複雑なまま見ていては、適切な意思決定はできない」。

3つ目は「革新に挑戦する力」だ。

今の若者には覇気がない。40代以上の管理職から、こうした声をよく聞く。しかし、『裸でも生きる』を読むと、覇気が必要なのはむしろ彼らのほうであることに気づく。

著者であるマザーハウスの山口絵理子社長は、81年生まれ。24歳のとき、バングラデシュでジュート(黄麻)を使ったバッグを製造する会社を起業した。同書には、現場を歩き、困難を乗り越えていく過程が綴られている。

年齢を重ねるほどマネジメントに力点を置きがちになるが、リーダーこそ、誰より革新的であるべきなのだ。『ドコモを育てた社長の本音』の立川敬二元社長のように、規制や企業文化と自ら戦い、挑戦する姿勢が大切だ。

「新しいものを創ろうというときは、技術的に専門家でなくても、何でも取り入れる」(『井深大語録』)。ソニー創業者の井深氏は、晩年まで自らの足で視察を続けたという。今のリーダーに最も足りないのは、この好奇心かもしれない。

『裸でも生きる』山口絵理子・著/講談社
アジア最貧国バングラデシュで起業した女性起業家の物語。きっかけは大学卒業後、旅先で見た光景や出会った人々だった。「40代以上の管理職こそ、自分の目で見て感じなければならない」。

(神戸大学大学院経営学研究科教授 小川 進 構成=プレジデント編集部)