『百年の時計』の初日舞台挨拶に登壇した木南晴夏

写真拡大

『20世紀少年』や「勇者ヨシヒコ」シリーズで人気の木南晴夏が、映画初主演を務めた『百年の時計』。本作の初日舞台挨拶が5月25日にテアトル新宿で開催され、木南晴夏、ミッキー・カーチス、中村ゆり、鈴木裕樹(D-BOYS)、近江陽一郎(D2)、宍戸開、音楽を手掛けた中村由利子、金子修介監督が登壇。木南は満員御礼の会場を見て「嬉しい!温かい空気で良かった。今、ほっとしてます」と笑顔で挨拶をした。

【写真を見る】木南晴夏はミニスカートで美脚を披露!

『百年の時計』は、路線開業100周年を迎えた“ことでん”(高松琴平電気鉄道)の記念映画で、香川でオールロケを敢行した。現地のうどん屋について、木南が「撮影中に6軒か7軒くらい行きました」と言うと、ミッキーが「うどん、嫌いなんだけど、好きになっちゃった。高いところへ行っても、安いところへ行っても味は変わらないんだもん」とつぶやき、会場は大爆笑。

その後、ゲスト陣が口を揃えて、映画を見て涙したという話に。本日客席で見た近江が「自分のシーンで申し訳ないけど、うるっときちゃいました」と言うと、鈴木も「自分が出ている映画で泣くのは初めてです」と同意。宍戸も「こういう映画を日本国民はもっと見るべき。試写でしくしく泣いた」と告白。音楽を手掛けた中村由利子も「最初の編集のシーンから泣いてばかり。金子修介さんの作品の大ファンとしてもイチオシ」とプッシュした。

金子監督は、本作について万感の思いを告白。「監督になりまして、来年で30年。いろんなことがありすぎまして。いろんな迷いがあるなか、人生は美しいと思いたいという思いでこの映画を作りました。映画の濃度が高い土地柄だったので、本当に映画らしい映画が撮れたと思います」。

『百年の時計』は、新米学芸員(木南晴夏)と、創作意欲を失った芸術家(ミッキー・カーチス)が出会い、古い懐中時計にまつわる恋の物語をひも解いていくという物語。すでに昨年の香川での先行上映では好評を博したということで、今日からの全国上映にも期待がかかる。【取材・文/山崎伸子】