2勝目を狙う、堀奈津佳(撮影:ALBA)

写真拡大

<中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 2日目◇25日◇中京ゴルフ倶楽部・石野コース(6,519ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」2日目。1オーバー41位タイからスタートした堀奈津佳が5バーディ・ノーボギーの“67”で回り、トータル4アンダー4位と優勝争いに浮上した。
LIVE写真館で国内女子ツアーをチェック!
 5つのボギーを叩いた初日終了後。ショット練習もそこそこにパッティンググリーンに足を向けた。「パッティングのストロークがバラバラで、タッチも合ってなかったのでリズム良くする練習をしました」。パターグリップを合掌するように握り、振り子のように一定のリズムで打つドリルを繰り返し約2時間。日が傾くまで徹底的に良い時のリズムを体にしみこませた。
 効果はすぐに現れた。「この2、3試合はスコアにつながらなくて、何が悪いのかわからなかった」とここ2試合は調子と裏腹に波に乗れない状態が続いていたが、この日はショットで作ったチャンスを確実に沈めてリーダーズボードを駆け上がった。
 ルーキーながらツアーの主役の1人として戦いを続けているだけに、疲れも出てくる頃だが、「寝れば大丈夫です」とケロリと笑った20歳。「(首位と)ストローク差があるので、とにかくバーディを狙っていきたい」。切れ味抜群のショットでピンを攻めていくのは堀のスタイル。ルーキーイヤーでのツアー2勝目へ猛チャージをかける。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
20歳の堀奈津佳、複雑な思いと戦い続けた初優勝
明日誕生日を迎える大山志保が6アンダー首位発進
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング