「上司が評価してくれない」「やりがいが見出せない」「気持ちが安らがない」……。2500年前の教えをもとに気鋭の僧侶が古くて新しい悩みに答える。

いまからおよそ2500年前に生きたブッダ。その言葉に耳を澄ませますことは、現代に生きる私たちにおいても大いに意義あることと思われます。ブッダの教えは宗教というよりも、自分の心を見つめ、操縦するための心理学であり、実践的な心のトレーニング・メソッドです。

それは盲信や崇拝を排し、クールですこぶる合理的かつリアリスティックな視点に立つもの。ゆえに時代や民族、宗教をも超えた普遍性を持ち、誰もが役立てることができる教えなのです。

さらにブッダの生い立ちに目を向けてみますと、シャカ族の王子として生まれ、豊かな環境で育ったブッダは、いろいろな意味で恵まれていたのにもかかわらず、幸せではありませんでした。心に苦しみを抱き、それを乗り越える道を探求すべく、出家修行生活を始めたのです。

この「恵まれていても幸せではない」という状況は、現代に通じるものではないでしょうか。豊かだからこそ感じる「苦」のために悩み、さまざまにもがいた末、「目覚めた人(ブッダ)」となった彼の言葉は、それゆえに私たちの心に有効なのだとも申せましょう。

■大事にされたければ他者を尊重する

●頑張っているのに、上司が正当に評価してくれない。
●自分は職場で必要とされていないと感じる。
●部下が素直に言うことを聞かず、自分が軽視されているように感じる。

自分の頑張りが上司に認められないという不満も、職場で必要とされることや部下に従順さを求めるのも、すべて根っこは同じ。「自分の評価を上げたくてたまらない」という「欲望」から派生する悩みだと考えられます。

欲望は、仏道における根本煩悩の1つであり、煩悩とは文字通り、私たちを「煩わせ」「悩ませる」心の衝動です。煩悩は私たちの心身にダメージを与える毒素のようなもので、ストレスの素ともいえるでしょう。しかしながら、人は皆「かけがえのない、この自分」という自意識を持ち、「そんな自分のかけがえのなさを見出したくてたまらない」という強い欲望の煩悩を抱いているものです。

その欲は他者から認められたり、必要とされたり、他者を自分の命令に従わせたりすることで一時的に満たされます。けれども、たとえ一度は満たされたとしても、その実感はたちまち薄れてしまうもの。ゆえに、すぐにまた「かけがえのない自分」を実感したい衝動が頭をもたげ、この繰り返しで欲望は次第にエスカレートしていくのです。

もっと認められたい、もっと必要とされたい、もっと従わせたいという思いが強くなり、「自分の影響力を見せつけたい」欲望がわいてきます。そうなると、上司にこれ見よがしのアピールをしたり、「自分がいなかったら困るでしょう」とばかりにわざと周囲への協力を惜しんだり、部下にやたらと命令を出したりするようになります。その結果、相手から敬遠され、かえって自分の評価を落とすことになってしまうのです。

「かけがえのない自分」というのは、じつは1つの妄想にすぎません。ですが、人は誰でも自己愛が強いナルシシストであり、自分をたいした存在であると思いたがっています。他人からよく見られたいと思う以上に、自分の中で「私は立派な人間」という根拠のないプライドを保ちたくて仕方がないのです。

人はまた、そのようなナルシシズムを認めたがらないものですが、まずは「自己愛にまみれた自分」を自覚することが、悩みから脱却する出発点となります。

ブッダは「世界中探してみても、『自分』より愛しいものはどこにも見つからなかった」と語っています。そして「あらゆる生き物にとって『自分』がいちばん愛しいもの」であると。

自分が愛おしく大切であるのは、生物の生存欲求ともいえます。誰もが「自分がいちばん大事」というナルシシストなのです。だからこそ、自覚することが重要です。人生のあらゆる場面で感じるストレスには、「どうして私のことを尊重しようとしないのか、この私を一体何だと思っているのか」という慢心が深く根ざしていることが多いもの。つまりは自己愛から生じる欲望が、自分を苦しめ悩ませているのだと知りましょう。

「他人から評価されたい、自分の価値を認めてもらいたい」と欲するのは、自分の心が不安定であるからとも考えられます。心の奥で自分が自分自身に不満足なため、他人からの評価によって自らの価値を実感しようとしているのです。つまり、自分が精神的に自立しておらず、他者に依存しようとしているのだということも自覚するとよいでしょう。

そして自分が尊重されたいのは皆同じなのだから、他者から大事にされたければ相手を尊重することです。他者のプライドをくじくと、相手は無意識のうちにやり返すような行動を取るものです。

相手の欲を満たしてあげようと褒めるのは、得てして相手を増長させることにもなるので、必ずしもいいこととはいえません。しかしながら、他人の自我を傷つけないように気遣うことは大切です。お互いが尊重し合えば、互いにとって居心地のよい環境がつくれます。

----------

ブッダの言葉

私はかつて、「自分」よりも
愛しいものを探して
世界中を
求め回ったけれども、
「自分」より愛しいものは
どこにも見つからなかった。
それは他者にとっても同じこと。
人も動物も細菌も、
あらゆる生き物にとって
「自分」がいちばん愛しいもの。
生き物はみんな、ナルシスト。
ゆえに自分を愛しいと思うなら、
他の生き物を
傷つけないように。

(小部経典『自説』)*『超訳 ブッダの言葉』160

----------

※記事中「ブッダの言葉」は、すべて小池龍之介編訳『超訳 ブッダの言葉』(ディスカヴァー刊)による。

----------

月読寺住職・正現寺住職 小池龍之介
1978年生まれ。東京大学教養学部卒。2003年、ウェブサイト「家出空間」を開設。現在は「正現寺」と「月読寺」(東京・世田谷)を往復しながら、自身の修行と一般向けに瞑想指導を続けている。『考えない練習』など著書多数。

----------

(月読寺住職・正現寺住職 小池龍之介 構成=岩原和子 撮影=向井 渉)