「こちらがこのバーのマスターです」というときの「This is the master of this bar.」【うっかり使うとアブナイ英語】

写真拡大

【「こちらがこのバーのマスターです」というときのアブナイ英語】This is the master of this bar.

【こんなふうに聞こえるかも】(不自然に聞こえる)

【ネイティブが使う英語】This is the manager of this bar.



日本ではバーやパブなどのオーナーのことを親しみを込めて「マスター」と読んだりしますよね。ただし英語のmasterは、使用人に対する「主人、雇い主」又は犬などの「飼い主」、職人などの「親方、師匠」、大学院の「修士」などの意味です。店の所有者という意味で使うのはmanager「マネジャー」です。もちろん、女性所有者の場合でも「ママ」ではなくmanagerです。