水道光熱費や通信費など、毎月の固定費をクレカ払いにするだけで、ポイントが自然と貯まる。しかもポイント還元率が高いクレカなら、年間1万ポイントは楽勝だ。

■普通の生活でポイントが貯まる仕組みを作る

 毎月の固定費の中で、電気代やガス代、ケータイ代をクレジット決済にしている人は多いだろう。しかし地方公共団体によっては水道代や固定資産税、自動車税などをクレカで支払えるところもある。公共料金や税金などのクレカ対応は各自治体によって異なるので、この機会に自分が住むエリアの対応を調べてみよう。

 仮に年間1万ポイントの獲得を目標とするなら、還元率0.5%の一般的なクレカで1か月約16万7000円、1%のクレカなら約8万4000円の支出で貯めることができる。高還元率を誇る『Reader's Card』なら、何と月5万6000円程度の支出でOK。このくらいの支出なら水道光熱費や通信費、生命保険料などで達成できるはず。飲み会などでまとめてクレカ払いするのもおすすめだ。

 しかも最近では家賃や病院の治療費、私立高校の入学金や授業料など、クレカ払いに対応する企業や施設が増えてきた。いつも利用する施設がクレカ対応かは必ずチェックしておきたい。そして毎月支払うべき固定費をクレカ決済に変更する手続きをするだけで、普通に暮らしていてもポイントが勝手に貯まっていくのだ。

◎自治体によって異なる公共料金のクレカ払い
 自分の地域の自治体の対応はココで確認!

Yahoo!公金支払い

■Yahoo!公金支払い http://koukin.yahoo.co.jp/

 水道料金や自動車税、固定資産税、国民健康保険など項目別に、クレジットカード決済に対応している地方公共団体を紹介。詳細情報を提供するだけでなく、各種料金や税金をインターネット上で支払うことができる。まずは自分が住むエリアの対応をチェックしてみよう。料金はYahoo!ポイントで支払うことも可能だ。

□クレカ払いできる公共料金

●水道 ●電気 ●ガス ●住民税 ●国民健康保険 ●固定資産税
●自動車税 ●介護保険料 ●後期高齢者医療保険料
 

Yahoo!JAPANカードSuica

Yahoo!ポイントでも支払える

Yahoo!ポイントを公共料金や税金の支払いに利用できる。Yahoo!JAPANカードSuicaならYahoo!サービスの利用で2倍特典があるのでお得。

■Reader's Card

年会費 2625円(初年度無料、年間50万円以上の利用で次年度無料) 国際ブランド Visa
電子マネー なし ジャックスカスタマーサービス 0570・00・2277 http://www.jaccs.co.jp/

Reader's Card

●電気 ●ガス ●通信費etc.→ポイント還元率1.8%

◎Amazonの利用はもちろんそれ以外でもお得度が高い

 Amazonの利用を優遇し、Amazon限定デポジットの場合、1.8%以上の高還元率が得られる。デポジットとは請求時に利用代金から得られるポイント分のお金を値引きすること。通常のデポジット(Jデポ)に交換しても1.5%という高い還元率なので、固定費をこのクレカで支払えば、その利用金額に応じてポイント分が値引きされ、固定費自体がお得になる。

菊地さん 達人Check!

Amazon利用のお得度が計り知れないクレカ

 JACCSモールを経由してAmazonで商品を購入。その金額をクレカ決済すると、1.8%に加えて0.5%相当のデポジットが得られます。何と2.3%の還元率になるので、Amazon利用者は必携のクレカです。(ポイ探代表取締役・菊地崇仁さん)

■ドコモDCMXカード

年会費 無料 電子マネー iD 国際ブランド Visa
ドコモインフォメーションセンター 0120・800000 http://www.dcmx.jp/st/

ドコモDCMXカード

●ドコモケータイ代→ポイント最大3

◎ドコモの料金や関連サービスの利用でポイントが最大3倍に!

 ドコモが提供するケータイクレジット。入会後3か月は毎日ポイントが3倍。「お得情報メール」を設定することで、4か月目以降はドコモショップなどでの利用や、毎週日曜日の利用でポイントが3倍になる。

岩田さん 達人Check!

コマゴマとポイントが付くのでまとめるとかなりお得

 ドコモの電子マネー「iD」をクレカに紐付けて使うことで、コンビニなどの少額の買い物でもポイントが付けられます。年間20万円以上の利用で500ポイントなど、ボーナスが付くのもいい。(カード評論家・岩田昭男さん)

■auじぶんcard

年会費 セゾン無料、MUFGカード1312円(初年度無料、KDDI利用料金の支払いで次年度無料)
電子マネー なし 国際ブランド Visa、MASTER
じぶん銀行auじぶんcardデスク 0120・926333 http://www.jibunbank.co.jp/creditcard/

auじぶんcard

 ●auケータイ代 ●KDDI通信費→ポイントアップ

◎auやKDDIユーザーにメリットが多いお得なカード

 ポイント還元率はいつでも1%。auケータイはもちろん、au one netやADSL one、auひかりなど、KDDIサービスの利用料金はさらにポイントアップ。貯まったポイントをauポイントに移行することも可能。

岡田さん 達人Check!

じぶん銀行口座からの引き落としでポイント獲得

 auユーザーが利用すると、auポイントとじぶんポイントがダブルで付きます。KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資する「じぶん銀行」のクレカだけに、じぶん銀行口座とセットで使うとお得です。(エムズコミュニケイト代表取締役社長・岡田祐子さん)

■NTTグループカード

年会費 無料 電子マネー なし 国際ブランド Visa、MASTER
NTTグループカード事務局 0120・084789 http://www.ntt-card.com/

NTTグループカード

●NTT通信費 ●プロバイダー料金→最大1.5%キャッシュバック

◎NTTグループなどのサービスがお得に利用できるようになる

 NTT東日本やNTT西日本、NTTドコモ、OCN、ぷらら、@nifty、BIGLOBEなどの通信料金が、毎月の利用金額に応じて最大9000円も自動的にキャッシュバックされる。全国4000か所の出光で割引も。

岡田さん 達人Check!

NTTのサービス利用者ならメリットが多いカードです

 自宅の固定電話やケータイ、プロバイダーなど、生活インフラに対してキャッシュバックされるのは魅力。NTTグループのサービスを利用しているなら、このクレカで決済すると、自動でキャッシュバックされます。(岡田さん)

公共料金だけじゃない!

税金の支払いで「ポイント大量ゲット」のちょいテク

■どうせ税金を取られるならポイントをがっちり獲得しよう!

 電気やガスなどの公共料金をカード払いにしてポイントを貯めるのはもちろんのこと、実はあの?税金の支払い?でもポイントを貯めるワザがあることをご存じだろうか。

「納付書にバーコードが付いていれば、税金もコンビニで払えます。例えば、セブン-イレブンでnanacoを使って税金を払う場合、支払い自体にポイントは付きませんが、クレカからnanacoにチャージする際にポイントが付くので、間接的にポイントが貯まります」(菊地さん)

 nanacoの最大チャージ金額は5万円。同カードは何枚でも持つことが可能だが、1回の精算で利用できるのは5枚まで。つまり、最大25万円分の支払いに対して、ポイントを得られるチャンスがあるわけだ。

「同カードの発行には1枚300円の手数料がかかりますが、イトーヨーカドーで毎月8のつく日なら、無料で作れます」(菊地さん)

 普段は税金を天引きされているビジネスマンであっても、自動車税や固定資産税は納付書払い。このちょいテクを使わない手はない。

◆nanacoでポイントを大量獲得する方法◆

●最大5枚まで利用可能

     

→nanacoへのチャージをクレカ払いにすればポイント大量ゲット!

 □利用できる税金の例(都道府県によって異なる)

 ●自動車税 ●固定資産税 ●住民税 ●個人事業税 ●不動産取得税