急性腎盂腎炎の完治を報告した杉本有美
 - 画像は2012年8月のもの

写真拡大

 重度の急性腎盂腎炎のため今月10日から活動を一時休止していた女優の杉本有美が25日、投薬治療の効果と本人の治癒力によって無事完治するに至ったとオフィシャルブログで発表された。スタッフによると、経過観察も良好で、徐々に仕事を再開してもいいという医師のお墨付きももらったという。

 「このたびは、心配をおかけして申し訳ありませんでした」とファンや関係者に謝罪した杉本は「体調はだいぶ良くなり、薬を飲み様子をみながら、数回に渡って検査をし、数値が正常に戻りました(^^)」と完治を報告。「再発しやすい病気なので、水分をたくさん取ること、疲れを溜めないこと、自分の身体と向き合って気を付けていこうと思います」と少しずつ無理をしない程度に活動を再開していきたいとつづっている。

 杉本は「炎神戦隊ゴーオンジャー」のゴーオンシルバー役などで知られる女優。今月6日までミュージカル「アニー」に出演していた杉本はその打ち上げの席で体調が急変。病院で検査を受けたところ、急性腎盂腎炎であることが判明し、自宅で2週間の絶対安静を命じられたと10日付のブログで公表していた。(朝倉健人)