優勝した近藤龍一

写真拡大

 2013チャレンジトーナメント第3戦となる『富士カントリー可児クラブチャレンジカップ』(賞金総額1000万円・優勝賞金180万円)は、この日決勝ラウンドが行われ、4アンダーで最終組からスタートした近藤龍一がスコアを3つ伸ばしトータル7アンダーとし、2位に1打差をつけて見事優勝した。
 チャンピオンズスピーチでは、「JGTOの試合で勝つのは初めてなので、とても嬉しい。
今シーズン、ここまでチャレンジツアーでの日本人チャンピオンは僕が初。これからもどんどん自分が盛り上げて行きたい。」と初々しいながらも心強い口調で語った。
 とは言え、「今日はスタートしてからは最後の3Hまで無我夢中でやっていた。最後の方は頭の中真っ白でプレーしてました。最後18番ホールのボードでやっと2打差あるな、と思った。でも結局その最終ホールはボギーにしちゃいましたけど(笑)」と語るように、初優勝に向けてはやはり相当のプレッシャーがかかっていた様子。
 最終18番ホールで短いパットを残すも、「最後副田くんの前にお先パットしちゃいました。(笑)彼のマークの邪魔になると思って(笑)」と優勝パットを残すことなく、先にカップインしてしまったくらいだ。
 その分、初優勝の味は格別のようで「今は嬉しい気持ちで一杯。初優勝の気分はもう最高ですね。もっともっと勝っていい気持ちになりたいですね。」と手放しの喜びようだった。
 「このコースは何十回も回っているけど、いいスコアがなかなか出なくて、今回やっと攻略できたって感じ。だいぶ自分自身うまくなってきたと思う。」と、自身のレベルアップも同時に実感できている様子。
 この優勝で、もともとマンデーに出る予定だったという、ダイヤモンドカップの本戦出場権を獲得。
 「ダイヤモンドカップの大洗GCは以前に1度回ったと、とても難しいコースだと思った。自分のアピールポイントは最後まであきらめないプレー。そこを見てもらいたい。大洗でも自分のプレーをして上位を目指したい。これからもツアーでいろいろなもの吸収しながら、その中でも常に上位を狙っていきたいですね。」と語り、「この先もガンガン行きたい。調子いいうちにどんどん行っておきたいですね。」と早くも次のステージを見据えていた。
 「今の目標は早くツアーで優勝すること。」チャレンジから生まれた勝者がこれからの国内男子ツアーを面白くする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
タイガーの今季4勝目を支えたゴルフシューズ「TW'14」
LIVE写真館で最新試合をチェックしてね
試合中の素の表情が見れる写真館をチェックしてね
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング