中二病クラシックAL発売『ハルサイとか聴いてるヤバい奴はクラスで俺だけ』

写真拡大

多感な年頃の少年の心理に訴えかけるクラシック音楽を収録したコンセプトアルバム『ハルサイとか聴いてるヤバい奴はクラスで俺だけ。〜「春の祭典」初演100周年記念アルバム〜』のダウンロード配信が、5月24日よりスタートした。

このアルバムは、思春期の少年にとっての精神的な通過点ともいえる、孤独、自意識、宇宙、神、死、前衛、反逆などのイメージを持つクラシック音楽を収録したコンピレーション・アルバム。”神は死んだ”という言葉で知られるニーチェの哲学書を元にした「ツァラトゥストラはかく語りき」(リヒャルト・シュトラウス)、トランペットが木管楽器に”存在の永遠”を問いかける「答えのない問い」(チャールズ・アイヴズ)、改造楽器の一種であるプリペアド・ピアノのために書かれた「危険な夜」(ジョン・ケージ)など、”中二病心理”をくすぐる全12曲を収録。モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンなどのいわゆるメジャー音楽家の作品はなく、現代により近い、もしくは時代が離れていても何らかの今日性を感じさせるラインナップとなっている。

なお、当アルバムのメイン・コンテンツで、タイトルにもなっているハルサイ=「春の祭典」(イーゴリ・ストラヴィンスキー)は、1913年5月29日にパリで初演されたバレエ作品であり、5月29日に初演100周年。この初演時には、従来の上品なイメージのバレエとは全く異なる、動物的で醜い踊りに激昂した客が、乱闘を始める騒ぎになったと伝えられている。当アルバムは、20世紀音楽の金字塔である「春の祭典」を今一度リスペクトすると共に、古びることのないスキャンダラスな魅力を多くの若い世代に味わっていただきたいというコンセプトのもと制作され、思春期にパンクやヒップホップにのめり込んだリスナーにも本作を通して、思い出すと胸が痛くなるような若かりし日の”黒歴史”を振り返り、大人だからこそわかる「ハルサイ」の魅力を再発見できるような作品を目指し、制作が進められたという。

アルバムは、現在iTunes Storeにて配信中で、今後Amazon MP3での配信も予定されている。価格は900円。