ブラッドリー・クーパー、今度はイケメンシェフに!

写真拡大

 映画『世界にひとつのプレイブック』『ハングオーバー!』シリーズのブラッドリー・クーパーが、シェフ役で出演が決まっている映画『シェフ(原題) / Chef』の役づくりのために、プロの料理人から手ほどきを受けることになった。The Sunが伝えた。

 クーパーにシェフの技を指導するのは、ヨーロッパで人気の高いスコットランド出身のシェフ、ゴードン・ラムゼイ。情報筋によれば、本作にコンサルタントとして関わることになったゴードンは、「映画製作に関わるチャンスに飛びついた」とのこと。

 『シェフ(原題)』は、ドラッグによりキャリアを台無しにするも、麻薬から足を洗い新しいレストランをオープンさせたパリ出身の実在のシェフ、アダム・ジョーンズの半生を描いたもの。主演のクーパーがプロの料理人に見えるよう、ナイフさばきなどの技術を特訓するとのこと。

 監督や他のキャストは、まだ明らかになっていない。(鯨岡孝子)