「ひげガール」の人気ニューハーフ、ベルが映画初主演/[c]2013 エムズ

写真拡大

ヤクザの組長が自らの跡継ぎに指名したのは、何とニューハーフとして暮らす息子だった!そんな奇抜な設定の仁侠コメディ(?)『二代目はニューハーフ』が5月25日(土)より公開される。

【写真を見る】写真を見ただけでは男性とは思えないベル。この色気、人気なのも納得

「15年前に失踪した息子を跡目に」。そう言い残して死んだ組長の遺言を受け、彼の息子を探し始める巽一家。だが、ようやく見つけ出した跡取りの息子は、新宿二丁目で働くオカマだったのだ。本作は、これをきっかけに勃発するドタバタのお家騒動を描く、笑いあり、涙ありの異色作となっている。

そんな本作でニューハーフの息子役を演じているのが、実在するオカマバー「ひげガール」で働くニューハーフのベル。彼女の魅力は何と言ってもその美貌にあり、オカマ界ではその名を知らない者はいない存在なのだとか。本作の監督、脚本、主演を務めたコワモテ俳優の小沢仁志もメロメロにしてしまったというから、その美人度は本物と言えるだろう。

ヤクザ×オカマの危険な(!?)コラボが楽しめる本作。ベル演じるニューハーフは無事に二代目に就任することができるのか!?【トライワークス】