東京都大田区に「健康をサポートする」ローソン。健康系のPB商品や医薬品も

写真拡大

ローソンは5月28日に、健康を意識した商品や健康をサポートするサービスを提供するフラッグシップ店舗として、東京都大田区に「ローソン久が原一丁目店」をオープンする。

同店の取扱商品は、「ナチュラルローソン」オリジナル商品を中心にした品ぞろえ。健康に関連したPB商品の先行販売、低糖質商品も取り扱う。また、糖質ゼロのハムなど「スマートキッチン」取扱商品も販売。試食によるモニター調査も実施する。

また、野菜販売にも力を入れ、有機野菜や自然食品を販売する「大地を守る会」やローソンファーム産の野菜を販売する。併せて野菜販売スペースも、3箇所の陳列棚を使用するなどして拡大。更に、ICTを使ったOTC医薬品の販売も実施する。サポートツールとして、薬剤師に24時間相談可能なテレビ電話を設置するという。

7月からは、タニタの業務用体組成計を設置(予定)。タニタのフェリカ搭載の歩数計を所有している人は、店頭マルチメディア端末Loppiで、歩数と体組成計で計測した身体データの記録ができる。

また同店では、ナショナルブランドメーカーに店舗の売り場の一部を一定期間提供し、健康志向の商品の実験販売を行う。共通ポイントサービス「Ponta」で得た購買客層や時間帯、購買頻度などのデータを提供し、今後の商品開発に活用してもらうという。

今後は、同店舗で蓄積したノウハウやデータを全国のローソン店舗に活用し、健康志向や高齢化社会に対応した未来型コンビニエンスストアモデルを構築していくとのこと。